<< 年齢と高齢社会 | main | 段取り >>

人を動かすもの

目次を作りました。順番に見てね

人を動かすもの(成長せしうるもの)
 私はどういう意思をもって動いているのだろうか?人を動かせしめるものとはいったいなんであろうか?・・・と思ってみました。
ん? 何だろう? まず言える事は欲望。自分の望みを叶えたいというもの。それと何があるのかな? ん、それと恐怖心。何らかの恐怖に駆られたときに、どうにかしなくてはというもの。ではもっと具体的に考えると
・欲望・・今の環境に満足できずに不満を持つことで、もっといいものが欲しい(したい)という衝動。
・恐怖心・・ここでは相手から脅かされた恐怖というものではなく、自ら考える心配に対する危機感

上記の人を動かす動機を強くもっている人が成功者でもあるように思えます。自分に目標を掲げて、向かっていくタイプが欲望タイプ。そしてこれでは“いかん”と心配の排除をしようとして頑張るのが恐怖心タイプ。
 私が思うには最終的に上手く成功するのは欲望と恐怖心の両方を持ち合わせたタイプではないでしょうか?欲望がなく恐怖心のみでは心はポジティブを保つことはできません。しかし、ただ単に前向きなだけで、後先を見ずに走っていればどこかで転びます。失敗をしないように気をつけることも必要です。恐怖心は失敗を少なくするためのものです。失敗にたいする恐怖心を克服するのに必要な道具は知識と経験です。深く考えることで工夫や明暗が浮かびます。その根源が知識と経験です。日頃の生活においても恐怖心がないものはリスクマネージメント(危機管理能力)に欠け将来が危ぶまれます。恐怖心の欠如は生に対する真剣さがないのではないでしょうか。ただ恐怖心だけが先行するのもよくはありません。欲望と恐怖心のバランスが大切ではないでしょうか。
目次を作りました。順番に見てね


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM