<< 医療制度No8 記事抜粋 | main | でこぼこ走行 >>

夜のドライブ

暗いですね。まぁ夜ですから。ご存知ですか?道路の左側と右側には反射板があることを。そこで問題です?反射板の左側の色は何色?では右側は何色かな?実は右と左は色が違います。左は白色、右側は橙色です。で、これがどうなのかというと結構重要なポイントです。特にカーブの多い山道では威力を発揮しますね。山道でハイビームで走行していて、左カーブだと左側の色い反射板は途中から見えなくなり、右側の橙色の反射板が左側へと廻り込んでいきます。ちょうど写真のように。このとき(左カーブでは)左側の白い反射板の間隔は広く、右側は狭くなります。カーブがきつくなるにつれカーブにかかる右側の橙色の反射板はグーット左に廻りこみ間隔も狭くなっています。ハイビームで走行中に左側の白色の反射板が途中で見えなくなり、橙色の反射板の間隔が狭くなっていると左の急カーブ、橙色の間隔が広いとゆるい左カーブ。左カーブで白い反射板が途切れて見えなくなるのは左側が山とかに遮られて見えないからです。例えば橙色が見えなく前方の白色の反射板の間隔が狭くなっていれば右の急カーブです。反射板の色は全国共通だと思います。夜道では鹿などいますのでスピードは控えめに。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM