<< でこぼこ走行 | main | 医療保険制度No10  介護保険 >>

医療制度No9 記事抜粋2

目次を作りました。順番に見てね

医療制度No9
2006年12月6日朝日新聞より
在宅医療看護士離れ
大学病院へ流出深刻  診療報酬の改定裏目
お年寄りの在宅医療を支える「訪問看護ステーション」で看護士の人材難が深刻になっていることが、関係財団の調査で明らかになった。今年度中に退職する看護士がいるステーションが6割近くにのぼり、病院に再就職する人が多い。看護士の大病院集中を招いている4月の診療報酬の改定の余波とみられ、閉鎖に追い込まれるステーションも出ている。医療費抑制のため「病院から自宅へ」の流れを進める厚生労働省だが、今回の改定が裏目にでて、在宅医療を危機に陥れている格好だ。
 看護士が自宅などに出向いてケアにあたる訪問看護ステーションは、医師が往診する「在宅療養支援診療所」とともに在宅医療を支える両輪と位置づけられる。厚生労働省は04年までに全国で9900箇所と見込んでいたが、経営と労働環境の厳しさから今年4月で5700箇所にとどまる。調査は看護士が集まらないとの現場の声を受けて、日本訪問看護振興財団が10月に実施。看護士の離職状況について1210箇所にアンケートし、503箇所から回答があった。それによると、4月以降に辞めた看護士がいるのは181箇所36%。今年の退職予定者がいる105箇所21%と合わせると、計57%で今年度中の離職者、離職予定者がいた。再就職先が分かっているケースのうち、最も多かったのは病院の38件。病院で訪問看護を「続ける」は1件のみで「続けない」が31件だった。診療所は計18件で訪問看護を「続ける」3件、「続けない」11件。別の訪問看護ステーションへの再就職は26件だった。人材流出の理由としては「診療報酬の改定で病院の看護士の確保が激しくなり影響を受けている」など、今春の改定を挙げる答えが目立った。膨らむ医療費の伸びを抑えるため、発症後間もない「急性期」の医療を充実させて長期入院患者を減らす一方、受け皿として在宅医療を整備し、自宅で量酔いs足り最後をみとったりできるようにするのが厚生労働省の方針。春の改定では急性期医療充実をめざし、看護士を増やすと高い報酬が得られるようにした。この改定後、都市部の大病院などが待遇や研修態勢を整えて全国から看護士をかき集めており、中小医院だけではなくステーションもこのあおりを受けた形。自宅で安心して医療が受けられる仕組みを目指す厚生労働省自らが、結果的にその実現を阻害している構図だ。同財団によると05年度1箇所当たりの看護士数は平均3.81人(常勤換算)、収益の7割強を占める介護保険では「看護職員2.5人(同)以上」が基準で、これに達しなければ休止せざるを得ず、1人でも辞める影響は大きい。財団常務理事は「予想以上に厳しい結果。患者、家族への景況が心配だ」と話す。厚生労働省は「今春の改定で急速すぎる変化が起きているのは認識している。急性期医療の充実と同時に在宅医療の推進も目指しており、バランスが取れるよう検討したい」としている。

注)訪問看護ステーション
 数人程度の看護士らが所属してお年よりの家庭などに出向き、医師と連携して健康状態の観察や在宅リハビり指導、人工呼吸器の管理や痛みのコントロールなどをする。訪問看護は病院や診療所も行なっていたが、在宅医療を進め、ケアの質を高める目的で、92年に制度化。今春の開度保健見直しでは、特別養護老人ホームとの連携が強化された。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM