<< 医療制度No6  | main | 医療制度No8 記事抜粋 >>

医療制度No7 考えさせられること

目次を作りました。順番に見てね

医療保険制度No7
 以上のようなことが医療保険制度の説明ですが、振り返って考えて見ると、なぜ今回このような改正が行われたのでしょうか?そもそも医療制度は国民の健康を維持するためのものです。当初の制度自体では弱者の保護も含めての制度でしたが、最近では制度を利用した社会的入院などが問題となっています。これは高齢社会という、ひとつの時代の流れから発生したものです。このような問題などが医療の財政負担を招いた事は事実であり、今後はその解決に向けた対応が必要でした。しかし、制度は改正したものの、その下準備がなされておらず、様々な問題をもたらしています。しかし、今回の制度改正では自分たちの考え方も改めさせられる面もあります。

今回の改正で問題となっていること
1、医師不足     原因:質を高める為に医師一人に対する患者の持ち数が減った。
2、看護士不足    原因:同上
  1,2の結果大学病院や大きな総合病院に医師、看護士が吸い上げられている。この
  結果地方の病院では、病棟の一部閉鎖や救急医療の返上、病院の閉鎖が起きている。
3、医療費の負担増加 原因:診療報酬の低下により医療費の個人負担が
4、老人等の社会的弱者の排除  原因:社会的入院患者の排除により、医療難民が発生
5、介護サービスなど負担増  原因:自立支援法により援助が減った為、金銭的に
  サービスを受けられない人が出てきている。
6、家庭での介護負担増化  原因:社会的入院患者の排除により家庭での負担が増す。
  高齢者のみの世帯では困難がますばかり。
7、症状の悪化  原因:不適切な人員にまじって治療の必要な人でも、診療が受けられ
  なくなる可能性がある。
8、病院間での格差が生まれる  原因:利益を上げていない病院は、診療報酬の低下に
  より、医療の質も落ちて、病院間で格差が生まれる。

改正のメリット
1、財政の建て直し
2、国民の予防医学の心がけの動機付けとなる
3、政府に頼った体質からの脱皮が図られる
4、質の向上?
など

皆さんはどのように考えますか?


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM