<< 医療制度 | main | 医療制度No3 入院料 >>

医療制度 診察料 No2

目次を作りました。順番に見てね

医療制度 No2
点数制度診察料
(注意:よく分らないのですが、改定された点数もありますので参考としてご覧下さい。)
 診察料は初診と再診で異なり、診療所(個人医院)と病院、一般・老人と乳幼児とでも診察料は変わってきます。
初診料診療所病院
一般・老人では270点250点(*+20点)
乳幼児6歳未満は335点315点
3歳未満は400点380点
加算
時間外に診察を受けたときには午後10時まで      85点
深夜に診察を受けたときには(午後10時-午前6時)  480点
休日に診察を受けたときには              250点

 例えば2歳のお子さんが診療所(個人医院)で初診で、午後11時に診察を受けたときには
点数は、初診料 400 + 深夜 480 = 880
金額は 880 × 10円 = 8800円
保険を使うと 8800 × 2割 = 1760円 となります。
こんな感じで計算されています。

再診料
  その病気の2回目以降の診察料です。
再診料診療所病院
一般・老人では74点59点(*診療所のみ+4点)
乳幼児6歳未満は101点86点
3歳未満は109点94点

 
特定疾患療養指導料
老人慢性疾患生活指導料
 診察料とは別に慢性疾患では月2回を限度に指導料が加算されます。診療所では200点、100床未満の病院では135点、100-200床の病院では80点です。200床以上の病院では指導料はありません。指導料は月2回までなので同じ月に慢性疾患で3回以上診察を受けたときには3回目以降は加算されません。また、同じ診察や治療を受けても、診療所の方が医療費が高い事があります。病院でも病床数で違いがあります。従って同じ診察、治療を受けても支払いが異なる事があります。

投薬料・薬剤料
 8種類以上の内服薬を処方した場合には、全ての薬剤料の90%しか算定できない規則となっています。その他、調剤料、処方料、薬剤情報提供加算などが加算されます。診療機関で薬をもらわない場合(医薬分業)では、診療機関では処方箋料76点となり、調剤薬局では投薬料を支払います。

30日分の投薬
 通常の内服薬の投与は2週間(14日)と規定されていますが、症状の落ちついた慢性疾患では30日投与が認められています。これは、薬の種類、慢性疾患の病名で出来る薬と出来ない薬がありますので、患者さん個々で異なります。新しい薬(新薬)が処方された場合には30日処方は出来ません。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM