<< 情報の使い方 | main | 堆肥の投入の仕方 >>

コンピューターの使い道

目次を作りました。順番に見てね

コンピューターの仕事とは
 コンピューター(以後CPという)では、ハードとソフトという言葉を使います。ハードは機械そのもので、ソフトはCPを動かす指令です。しかし、本当の意味でCPを使いこなすということを考えるなならば、この使い分けはどうかと思います。というのは一般的なソフトはソフトとして機能しておらず、ただ単の入れ物としての機能しかないように思えるからです。例えばCPを購入した場合にエクセルのソフトが既に入っていても、使い道がなければ意味が有りません。(使い道については以前記述)ソフトは使って何ぼのものです。しかし、CPを購入して時に問題となるのが、なんの為に導入したかです。一般には便利という抽象的な言葉で片付けられていますが、この便利が曲者(くせもの)なのです。問題は便利になって何がどうなるのかということです。便利になるというのは使いやすくなるとか機能が増えて役に立つとかいうことだと思いますが。では、実際にいくら売上が増えたのかというと、変わってないのが現状です。若しくは利益がいくら増えたかということですが。便利になるということと役に立つというのは違うわけです。企業の投資においては、売上や利益が増えてこそ役に立つのです。便利というのは使う人が便利であって会社が便利なわけではないのです。会社にとって有効なのは役に立つです。ソフトがハード化しているというのは、一般的にソフトが便利として使われているからです。ソフトがソフトとして役に立って初めてソフトの価値が生まれるわけです。なんかちょっと屁理屈ぽいですね。
 さて、本題ですがCPの仕事となると、売上や利益を増やすこととなる訳です。しかし、CPの導入に当たっては、しきりにデーター化を言われますが、誰でも使えるデーターでなければ、データーとしての価値が生じません。つまりCPの活用価値がないということになります。誰でも使えてその指示に従えば自動的に売上などが増えるしくみが必要なおです。会社においては、一人の人が使えても皆が使いこなしきらねければ意味がないというものです。そこで、誰でも、CPを使うことで自己分析ができて、その分析の手法から次の手立てが分かり、強いては売上に繋がるといったような、仕組みが必要になります。この仕組みを担うのがCPというわけです。
 CPの導入に当たり誰でも使えるようにして、売上が増えるような仕組みのCPが欲しいと言うと、大抵は社員教育をして下さいとか、レベルを上げて下さいという話しになります。ここが違うのです。人がCPに合わすのでなくCPが人に合うようにしなければなりません。これが仕組みでありCPの仕事です。人間がCPの補佐でなく、CPが人間の補佐をしなければならないのです。ということは、その人のレベルに合うような仕組みづくりが要求されることになります。。レベルの高い人はそれ以上にCPを使いこなし、レベルの低い人は、低い人でもそれなりの売上向上が期待できるものがいいですね。ここでいうレベルとは、CPを使うレベルではなくCPを使いこなすレベルです。
皆さんはCPに使われていませんか。
 CPは基礎データーです。その基礎を活用するのが人間です。使う側は、物事の基礎をしっかり理解しておく必要はありますね。
CPの活用としては、基礎をしっかり理解している人が販売などの仕組みを構築して、その仕組みに基づいて行動を行なえば売上が増えるといった活用がいいですね。欲を言わせて貰うならば、CPの販売会社の仕事は、CPという機械を売るのが仕事ではなく、販売などの仕組みを売ることが仕事です。ここにソフトがソフトでない理由があるわけですが。ソフトとは、各企業にあった売上などが増えるシステムのことです。CPの営業の方はそこのところを宜しくね。お客が欲しいのはCPでもなく売上です、つまり業績結果ですね。
企業の投資はお金になって戻ってくる行動のことです。単に便利にする為に購入するのが目的では有りません。最終的な企業の目的を達成する為にCPを活用するだけです。CPの営業の方は売ることが仕事かもしれませんが、それはハードの販売です。CPの営業の仕事はソフトを販売することで、顧客の欲求を満たすことです。ハードだけでは欲求は満たされません。
目次を作りました。順番に見てね


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM