<< 目次 | main |

段取りとは

段取り

 

気が利く人、手っ取り早い人、準備万端な人、効率がいい人、

これらの共通点は何だろう?

 

 

段取りが悪いとすべてに時間がかかります。段取りよくできる人は物事を俯瞰的に見ています。段取りの悪い人は自分のパーツや一部のことでしか見ていません。

仕事でも全体を考えずに自分のことばかり考えていると、良い結果にはつながりません。

物事をパーツ、パーツで見ることは大切ですが、パーツのみでは全体の組み立てができません。最初に全体があってそれをパーツごとに分解して、役割分担の中で一つの仕事を完成させていきます。ところが部分でしか考えることしかできないと先が読めないことになります。

 

先を読むことが全体を見ることと一致します。しかし、現実的な仕事をしているとパーツから全体を読んで、仕事をしていかなければなりません。現時点の情報から将来の予測を立てることと同じことです。 先に将来像が見えて現状に反映させるのか、現パーツから将来を予測するのか どちらにせよ全体が見えていないと、現時点の対応がどのようになければならないのかわからないことになります。

 

段取りとは、予測の連続でその予測を連結することで全体を見えるようにしていきます。段取りがうまい人は、そのような絵を頭の中で上手く描くことができているということです。物事を“見える化”するには、映像として物事を考えるということです。文字で考えると見えなくなり、絵コンテにすると見えない部分が見えてきます。その映像を再度トレースすることで抜け落ちた部分も見えてくるようになります。

 

つまり段取りとは連続した絵の創作ということです。

 

 

平成2926

JUGEMテーマ:日記・一般

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM