<< プランとプランニング 2 | main | 段取りとは >>

愛と愛情

お久しぶりです。超多忙、、、たまにはアップしないとね。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

愛と愛情2016

 

最近社会に愛が少なくなってきているように感じるのは私だけなのか?

何か上辺のことばかりを杓子定規に取り立てて、根本的な人間としての道徳(心)がないように思えます。気のせいかな??

そこで愛について考えてみた。

 

大人の男女の愛は肉体の触れ合いです。触れ合う時間が長いほど愛も深くなっていきます。

これを言葉の算式にすると

ふれあい × 時間

触れ合うことで心も強く繋がっていきます。

 

長く一緒にいると情が湧いてきます。愛と情は別物です。愛は自分の気持ちを大切にしていますが、情は相手の気持ちを汲んだものです。

人も物もそうですが手をかけるほど情が移ります。野菜も手をかけるほど情が移ります。

 そう考えると

手間暇 × 時間

 

では、愛情はどうでしょうか

愛情 ふれあい × 手間暇 × 時間

家庭では一緒に暮らした時間、手間暇かけて育てた時間、家族で手をつないだ時間らが、愛情として培われます。触れ合う時間がすくなかったり、知らん顔をしていたり、会話がなかったりすると、愛情も薄れます。

 

 子供に対しては、さらに見守るが入ります。幼少のころはふれあいですが、子供が大人になってくると、やや距離ができて見守ることが増えてきます。

  愛情 見守る × 時間

いつでも、近くでそっと子供が成長していくのを見守り、助言や修正してあげることも愛情です。

 

もっともっと愛を愛情を大切にしていけるようになりたいものです。

 

 

平成281217

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM