<< 欲物とお金(現代社会の経済を考える) part2 | main | プランとプランニング 2 >>

プランとプランニング 1

目次を作りました。順番に見てね

 

プランとプランニング

 プランとプランニング同じような言葉ではあるが、その違いはどうなのでしょう?

プランを和訳すると計画・案・図面・構想などとになります。プランニングはプランを動詞化したもので〜するとなり、計画するなどとなります。しかし、私の経験上プランまではよく行いますがプランニングをきちんと行っている人は少ないように感じます。ではプランとプランニングの違いは何でしょうか?

プランは目的達成のための手順を段階的に区分して見える化(行動日程表・設計図面)することで、俯瞰的にそのプランを認識することができ、潤滑的に任務を遂行できるようにすることです。

 

プランの立て方

1、目的の明確化

2、手順の洗い出し

3、見える化

4、俯瞰的調整

5、進捗管理

 

プラン詳細

1、目的の明確化

  ・目的達成のための目標設定
何が目的でどのような手段がベストかチョイス検討をする

  ・条件の洗い出し

    期日、価格、効果(性能、安全性、機能性など)

  ・業務の洗い出し

    必要な業務を大まかに把握

 

2、手順の洗い出し

  ・上記業務の抽出・洗い出しにより、内容ごとに区分化する。

・事務手続きと現場(行動)の流れの区分化

  ・書類の作成、提出申請物、必要人数、必要工具等の洗い出し

 

3、見える化

  ・工程管理

  ・各工程において、事務的(申請や帳面など)なものと現場的(行動や作業など)なものとに分けて、工程表を作成

  ・各題材ごとの工程が見えて来たら、更に各工程において掘り下げた工程を洗い出し、日程(期間)を組んでいく

 

4、俯瞰的調整

 ・すべての工程を総合して全体的な工程に矛盾や無理がないか調整する

 ・下層の細部まで見たところで余裕日を設けて、日程の調整を行う

 ・日程の余裕日は1.2倍程度の余裕を含むようにする

 

5、進捗管理

 ・各工程において、実際に計画が進み始めたら現実との時間的差が生じえ来るので、各工程との連携が潤滑に行えるように日程の調整と連絡を行う。

 ・事務的な行動と現場との調整を行い、潤滑にことが流れるようにしておく

 ・申請や部材手配などは先方によるところがあるので、逆算して日程の調整を行っていく。

 ・想定外がないようにすべての選択肢において対応を考え、根回しをしておく。

 ・進捗状況に応じて工程表(見える化)を修正していく。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM