<< 欲物とお金 part1 | main | プランとプランニング 1 >>

欲物とお金(現代社会の経済を考える) part2

欲物とお金(現代社会の経済を考える) part2

 

ハードとソフト

成長経済下での市場は量的な需要と供給のバランスでしたが、飽和経済下では欲物的な需要と供給のバランスではないでしょうか。量的なものをハードと考えるならば、ソフトは付加価値的の欲物的なもので機能性や楽しめるものです。飽和経済下では物量は満たされているので、なにがなんでも欲しいと言うべきものは少なく欲しいものは割と簡単に手に入れることができます。欲物は欲しい買いたいと思わせることのできる品質と環境です。

成長経済では量とお金のバランスでしたが、飽和経済では量(ハード)と欲物(ソフト)とお金のバランスではないでしょうか。

 

デフレと飽和経済

飽和経済でしかもデフレとなると物が余ってしまいます。物が余るというよりも欲しいものがないといったほうが適しています。物が少なくなると物価は上がります。すると心理的に欲求が発生してきます。よって相場が上昇していきます。しかし飽和経済では物が少なくなっても欲求が発生しません。他の物で対応できるし、それほどまでの欲求が湧いてこないのです。量が少ない時代は目に触れることも触ることも少なく、欲しいと欲求が発生していました。しかし、飽和経済では日ごろから見慣れてるし、代替品もあって欲求を発生させることが少なくなってきているように感じます。デフレはそのような感情を尚更増幅させてしまいます。

 

欲物

欲物を考えてみると単純に魅力といえます。魅力を感じるものがないから欲しいものがないのではないしょうか。一部ではアイホンとかゲーム、グルメに魅力を見出したりしていますが、ステータスとまでは至ってないのではないでしょうか? 消費ニーズを作り出すために個々に対応できるようにカスタム化が進みオリジナル性が発揮されるようになってきました。なのに、なぜ欲物が発生しないのでしょうか。 魅力ある商品がないからではなく、魅力を感じる気持ちが薄れてきているのではないでしょうか。

 

まとめ

物が少ない時代は、物を手に入れたく必死に働きました。その過程には夢、目標がありました。しかし、現代は時代や周りの環境に流されて目標がなくなってきているように感じます。欲しいものがない、欲がないということが経済を低迷させるのではないでしょうか?欲がないと働く意欲すらなくしてしまうように思えます。自分自身で行動することで新しい何かが生まれてくるかもしれません。多方面に興味を持ち行動することで意欲が湧いてくるかもしれません。とことんやることで新しい自分に出会えるかもしれません。

 経済は自分たちの行動や考え方によって、お金と物のバランスをとっています。しっかりとした考えや行動をもつことから、今の社会を考えていかなければならないのではないでしょうか??

JUGEMテーマ:日記・一般

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM