<< 今後の社会2016 No11 | main | 真に恐れるべきは・・ >>

今後の社会2016  No12

 今後の社会2016  No12

第1章 人口減少

消滅可能性都市

人口減少の影響

 人口の減少は日本社会にどのような影響を与えるのでしょうか。

財政悪化

経済では、産業の縮小に伴い景気は低迷してきます。また、高齢者の増加で社会福祉や医療費が増えて財政が厳しくなります。

 

地域格差拡大

現状のままだと各自治体では、収支の悪化から維持が困難となり統廃合が加速します。都会に人口が集中し地方や僻地では減少の一途を辿り、人口格差が生じて地域格差が拡大します。

 

交通網の不備

 財政難から道路の維持管理が悪化します。老朽化による劣化の防止が行き届かず幹線道路以外の所では危険な個所が増えてきます。山国の日本では小さな河川も多くあり過疎化した市町村では橋の架け替えが出来なくなり生活道路が使えなくなります。また、路面の凹凸から輸送時間や品質に悪影響を与えます。また旅客鉄道や空路に於いても利用客の減少にともない

 

荒廃地

 人手不足、財政不足から荒廃地が増えてきます。荒廃は田畑だけではなく住宅地の空き地などでも放置が発生し藪と化してきます。また、通常の生活道路でも草木の管理清掃が覚束なくなり町全体が汚れてきます。

 

販売店

 人口が少なくなることで、地域の販売不振から大型集中型となりますが、それも採算が合わなくなり結果として、地域による運営となっていきます。また、台頭してくるのがコンビニエンスストアで地域の集会所的になってきます。

 

小売り・外食

 人口減少に伴う家計消費支出総額の減少により小売店舗は減少の一途を辿ります。2007年に278兆円あった消費支出は2030年には250兆円まで減少すると推測されており、28兆円規模の市場が消滅することになります。反面通信販売は市場規模を拡大しており、2020年には20兆円台になるものと見込まれています。

工業

 人口減少の痛手は人手不足です。輸出企業は国内での人材確保が出来なくなり、生産の基盤を海外へとシフトしていきます。大企業の海外移転により尚更空洞化が加速し生産が落ち込みます。この為GDPも減少し経済的にも不安定になります。

 

不動産・住宅

 人口の減少に伴い新築の物件が減少しリホームによる増改築が増えます。高台などの交通が不便なところ、スーパーや医療がないところでは空き家が増えてきます。また、空き家の放置と空き地の放置により地域環境が悪化します。また、建物の倒壊などの事故や不法侵入などが起き治安も不安定になります。

 

治安

 日本人の減少により台頭してくるのが外国人です。外国人の増加により自治体の力が薄れて、地域ぐるみが崩壊していきます。その為伝統文化の承継がうまく行われず異文化となっていきます。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM