<< マイナンバー制度 | main | 今後の社会2016  No2 >>

今後の社会2016  No1

 

今後の社会2016

 

日本人として

何事もそうであるが、物事を考える場合に“そのこと”だけを考えてしまいすが、そのことだけが単独で存在している訳ではありません。何らかの周囲の事変に応じてそのことが存在しています。そのことが農業である場合は、まず農業のことしか頭に浮かびません。しかし、農業は国内だけでは成り立たない状況です。ほかにも地球環境や経済などにも影響されます。

 日本の農業を守ることは国益を守ることになります。国益となるとなんか大きすぎて自分たちの生活には関係のないことのように感じますが、現実はこの国益の中で日本人としての生活を送っています。自分たちの生活を守ろうとする行為は国益そのものです。しかし、身勝手な自分だけの利益の追求では、国としての将来性が危ぶまれます。国があるからこそ、今の生活が成り立っています。

 個人と国家との違いは何であるかと考えた場合、国家は個人の集合体ですがその意義に違いがあります。個人はその人の価値観で人生を歩むものですが、国家は未来へ繋ぐものでなければなりません。未来の子供たちへのどのような将来を渡そうとしているのか、今以上に良い社会を渡すにはどのようしたらよいのか?そこにある幸福とは何か? 国家は将来を見据えたものでなければなりません。その為には過去からの現状を理解して、今の状態ではどのような社会になるのか想像して、よい方向へと修正していかなければなりません。しかし、これらを考えるのは個人の行動です。国家が個人の集合体であるいじょう個人がしっかりした未来を見据えて行かなければならないのではないでしょうか。

 

 日々の私たちの暮らしが将来の私たちに繋がっていきます。現在を大切にすることが将来を大切にすることになります。将来を考えるに当たりまずは、自分たちが今いる周辺環境について知っておかなければなりません。その現状を踏まえた上で、どのような対策を講じて、将来の自分たちの暮らしに繋げていきたいと思います。

 

今回のテーマは

1、人口問題

2、環境問題

3、食糧問題

 で考えて行きますね。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM