<< 地球白書17-13 | main | 地球白書17-15 >>

地球白書17-14

 
目次を作りました。順番に見てね




<第14章>気候変動に脅かされる、世界のフード・セキュリティと平等

Food Security and Equity in a Climate-Constrained World

 工業的大規模畜産では、トウモロコシとダイズを主原料とする濃厚飼料(抗生物質と
成長促進ホルモンが添加される事が多い)を与え、ブタは6か月、ブロイラーは6週で
出荷できる。過密飼養のために、土地の使用面積も相対的には小さく、森林伐採や土壌
浸食と無縁かのようであるが、大量の飼料生産に広大な農地を要している。

 さらに畜産には、根源的に「不効率」が存在する。スタンフォード大学のR・ナイラー
の研究によると、食肉からのカロリーを摂取は、直接的に穀物を食する場合の2〜5倍
(工業的大規模畜産で生産される牛肉なら10倍)の穀物が飼料原料として必要になる。

 世界全体では、ダイズの85%はダイズミールと油に加工され、そのミールの90%は飼料に
振り向けられる。中国は世界市場で取引されるダイズの半分以上を買付けているが、大半
はブラジル産で、そのダイズ生産量の40%以上に相当する。この輸入によって、中国は
自国でダイズを生産するならば必要になったであろう「バーチャル・ウォーター」を輸入
しているわけで、これは同国が必要とする水の14%に相当する。ユネスコの研究によれば、
世界の農業部門の「ウォーター・フットプリント」の29%は畜産部門が占めている。

 地球規模での畜産拡大は、気候変動の促進要因となる。国連食糧農業機関(FAO)の
2006年発表の研究によれば、二酸化炭素換算で地球温暖化ガスの世界の排出量の約18%は
畜産部門が占めている。一方、世銀の環境専門家の分析では、18%ではなく51%とされている。

 近年のFAOの報告によると、人口と所得の増大を考慮した場合、2050年の世界人口に
不足のない食料を供給するには、食料生産量を70%増大させる必要がある。一方、世界の
土地の25%が劣化し、地表水も地下水も不足と汚染が深刻化すると指摘している。さらに、
気候変動が気候パターンを変化させた場合、農業内部の畜産・主食作物・非食料作物・
バイオ燃料原料作物の間での、水と土地を巡る競合が広がると警告している。このシナリオ
では「大規模畜産と増大し続ける畜産品の消費」の軌道修正こそが、解決すべき重要課題
としている。

著者:Mia MacDonald is executive director of Brighter Green, a nonprofit
public policy action tank based in New York City that focuses on the
environment, animals, and sustainability, and a Senior Fellow at Worldwatch
Institute.


ワールドウォッチジャパン ワールドウォッチジャパン(08/04/15転載承認済み)






平成27年5月26日




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM