<< 働くということ? | main | 適正人員とは >>

土壌のしくみ掘 ‖枠

目次を作りました。順番に見てね

土壌のしくみ 第三章
堆肥について
〇堆肥とは
 わら、落ち葉、野草などが堆積し分解されたものを「堆肥」といい、家畜糞尿を主原料とするものを「きゅう肥」、農業系以外の有機性廃棄物を堆積醗酵させたものを「コンポスト」、これらを総称して「有機堆肥」といいます。しかし現在では複数の有機資材が原料として用いられるようになり総じて堆肥と呼んでいます。

堆肥と肥料の違い
 「堆肥」は作物が育つ土壌に作用するもので土壌環境を改善する「土壌改善効果」をもっているのに対して「肥料」は直接または間接的に作物が育つのに必要な養分を供給する役割をもっており「肥料効果」を発揮します。しかし堆肥の中には肥料効果の高いものもあり堆肥と肥料の両方の性質を持っているものもあります。

堆肥の効果
 堆肥が肥料と大きく異なるのは、その効果が徐々に現れるとともに、連年施用することによってその効果が累積されていくことです。堆肥を毎年施用すればゆっくり分解をしていき分解ざれずに残った有機物は翌年にまた一部が分解され作物に養分を供給し続けます。このこのとが、繰り返され分解されにくい有機物が土壌中に蓄積され、土壌有機物となって長期的な養分供給力が次第に高まっていきます。このことは肥料にはない現象です。肥料取締法では肥料とは、「植物の栄養に供することまたは植物の栽培に資するため、土壌に化学的変化をもたらすことを目的として土地に施されるもの、および、植物の栄養に供することを目的として植物に施されるものをいう」と定義されています。このように肥料成分が何%以上と決まっているわけではありませんが、肥料は三大要素の一つを数%含むのに対して、堆肥では三大要素の含有量は数%未満であることが一般的となっています。

堆肥化
 堆肥化の目的は「直接土壌にわらなどの新鮮有機物を入れると、その中に作物の根に有害な物質(フェノール酸や有機酸など)を含んでいたり、微生物の急増と急激な分解とによりガス障害を受けたり、長期的な分解による窒素飢餓を起こすなどさまざまな障害を受けることになります。このような障害を起こさないように、あらかじめ微生物により分解しやすい有機物や作物の生育に有害な物質を分解しておくことが堆肥化の目的です。」また、家畜糞尿を使用する場合でも衛生面での安全性を確保することが必要であり、単に乾燥させるだけでも使いやすくはなりますが、安全性の問題は払拭できません。堆肥化による発熱によって70〜80度程度まで上げることにより病原菌や寄生虫の卵、雑草種子など死滅させることができ、安全で乾燥した、扱いやすい堆肥になります。また堆肥化の過程で微生物の活動により窒素成分が有機化することによって、土壌施用後にゆっくりと分解が進み肥料効果が現れ作物の生育条件に適した土壌環境が出来上がります。

堆肥の条件
 堆肥は作物の生育環境を改善するために施用するので、〆酳に障害を与えないこと、環境に有害でないこと、製品が安定していること、ぜ莪靴し易いこと、の条件をクリアしておかなければなりません。
〆酳に障害を与えないこと
  有機物の種類によっては有機酸やフェノール性酸などの作物の生育や種子の発芽に有害な成分を含むことがあり、また同時に雑草の種子も含んでいたりします。
環境に有害でないこと
  土壌環境を健全に維持するためには、有害な重金属や病原菌を含んではいけません。重金属含量はヒ素50mg/kg、カドミウム5mg/kg、水銀2mg/kgの基準を超えないこと。また、溶出基準や蓄積防止基準である亜鉛120mg/kgを超えないこと。さらに作物や人体に有害な細菌や虫を含んでいないこと。
製品が安定していること
  有機性廃棄物は種類が多く、その種類により肥料成分や施用効果が異なるために特性を明確にするための表示が必要である。また、製造ロットごとに成分が異ならないようにきちんと攪拌し、成分の安定をさせること。
 ぜ茲螳靴い笋垢い海
  有機物を農耕地に散布する場合は10アール当たり1t以上の大量散布を必要とするため、取り扱いやすいように悪臭、高水分、形状不均一、貯蔵性が悪い、農業機械への適応性が低いなどの問題解決が必要です。




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM