<< 人格形成 No5 | main | 人格形成 No7 >>

人格形成 No6

 
目次を作りました。順番に見てね



人格形成 No6

3、人格

 人を見るときにまずは性格を見ます。これは意識してみている訳ではなくその人の態度を見てのことです。その次に人間性を見ます。社会生活を円滑にできるのか、その順応能力はどのくらいかといったものです。最後に人格を見ます。よくあの人は人格者だとか言ったりしますね。では人格とは何でしょう?

人格とはその人を格付けした評価です。どのようなことに対して格付けしているかというとその人の話しや考え方とその行動、そして過去の実績(行動)と現在の人間性です。

見えないところでの評価は“学問的評価=知的性”と“考え方=精神性”の二通りがあります。考え方には周りの人のことを考えた公的なものと自分の事ばかり考えている個人的なものとがあります。子供のころは自己中心的で精神年齢も低いのですが大人になると周りの事や国、人類の事を視野に入れた公的なものへと成長していきます。

 見えるところでの評価は現在の行動と過去の行動とがあります。現在の行動は現時点での行動であり何を目的にしているか分かり難い面があります。しかし過去の行動は結果であり、その人の本質に触れることができます。

 以上のように人格の評価には見えない評価と見える評価とに考えることができます。さらに人格には大切なことが一つあります。それは目的(目標)です。目的(目標)がない話や行動では一貫性がなく、何がしたいのか分かりません。しかし人格者と呼ばれる人には目標があります。

 

人格=人間性+目標 かな?

人格者=人間性+公的な目標 かな?

平成27年3月12日


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM