<< 人格形成 No4 | main | 人格形成 No6 >>

人格形成 No5

 
目次を作りました。順番に見てね



人格形成 No5

2、人間性



人間性とバランス

ここでおさらいですが

“人間性”は対人関係などのコミュニケーション。つまり人間性=社会適応性です。

コミュニケ能力は相手を理解する能力です。相手のことを理解し思いやることのできる考え方を身に付けた人です。簡単に考えると大人の行動が出来るということです。

“人間”は人間社会での生活を営むその人の社会観。人間=その人の社会観です。

 

さて、ここでもっと人間性を理解する為に算式を変形してみます。

大人の人間性の算式

人間性=人間×性格  を

人間=人間性 / 性格  とすることができます。

 

これを言葉の意味合いに置き換えると

社会適応力=社会観×性格

社会観=社会適応力 / 性格 となります。

性格が強すぎると社会適応性が薄れて社会観も悪くなります。

逆に分子である社会適応力が強すぎると自分の性格を押し殺さなくてはいけなくなり、世の中に偏見を持つことになったり、自分を見失ったりします。

 つまりベストなのは3つのバランスを上手くとるということです。このバランスを上手くとる能力が人間性を高めることになります。人の言葉ばかりを信じたり、自分が最高と思ったりするのではなく、普通の一人だと認識して心の成長と知識のバランスを取るようにすることが、大切ですね。多分?

 

虐めや虐待も偏った性格であったり、社会適応力の欠如であったりするのではないでしょうか? 子供は子供なりに、大人はもっと大人らしく 上手にバランスさせることが大切ですね。

 自分の考えや行動を算式化して、自分を見いてみるのも面白いです。
自分の思考を言葉の算式にすると、見えない部分が見えてきます。自分の考え方の基礎を創るのに役立つかな。掛け算や割り算などにすると、もっとわかりやすくなります。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM