<< 人格形成 No2 | main | 人格形成 No4 >>

人格形成 No3

 

目次を作りました。順番に見てね



人格 No3

2、人間性

 性格とは別に、人を測るものとして人間性があります。性格はその人を形成する基礎です。人間性はその基礎の上に成ります。では、人間性と性格はどのように関連しているのでしょうか? 

人間+性格=人間性 人社会での性格ということでしょうか?

 

 人間性とは社会生活を営むことにおいて常識的に行動できるかと言うことです。道徳に反したりとか常識を逸脱したりせずに、人として振る舞えるかということです。人間性は学問などの知識レベルではなく、行動学的に人として振る舞えるかということです。道端にゴミをすてたり、唾を吐いたり、迷惑行為をしたりしないことです。

人間性=性格+社会適応力(社会性)

 

人間性には年齢(経験)が大きく左右します。大人は経験や知識により知性的な判断ができるので行動を制御して社会生活を営むことができます。子供はまだ心理の成長過程にあるので、現実を消化できずに受け止めてしまうので、社会生活に適応するまでには時間が必要となります。人間社会では常に相手と向き合っており、相手の気持ちを理解せずに行動すると反発を食らうことになります。

人間性=性格+対人関係(社会性)

人間関係ほど難しいものはありません。

 

人間は成長過程でいろんなことを経験します。その経験が集団生活に適応できるように心を大人にしていきます。このような心の動きを心理という言葉で表すことができます。心理は人間社会において人としてどのように対人関係を作っていけばいいものかと言うものです。知らずのうちに他人を傷つけたり、傷ついたりします。そのようなことを経験しながら人として社会生活を営むための心を作っていきます。

 

心が成長することで良し悪しや道徳、判断力、抑制心などが身に付きます。

つまり、人として(人なり)が身に付いていきます。人によってはレベルがありますが。

人成りは心理です。自問自答の中で生まれるのが心理ではないでしょうか。

そうすると

人間性=性格+心理   かな?

 

性格は個人単体での癖ですが、人間性は社会生活を営むための心の豊かさではないでしょうか??


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM