<< 人格形成 No1 | main | 人格形成 No3 >>

人格形成 No2



目次を作りました。順番に見てね



 
人格形成 No2
1、性格 No2

漢字で見る性格

性格の性の漢字を分解してみると「生まれる心」と書きます。つまり生まれもった心ということになります。よく自分の“性分に合わない”など言いますが、本質的なものが違うと感じることだと思います。また離婚の原因で性格の不一致が言われますが、これも相手との相性が本質的に合わないということです。

次に格の漢字を分解してみると木と各になります。「格」自体には長い枝、基準、正すなどの意味があります。長い枝の意味合いを自分なりに解釈すると枝が次第に長くなって様で成長ということではないでしょうか? 

 このように漢字を理解して性格を考えてみると、もって生まれた本質とその後の心の成長を意味していると理解できます。

 

これを言葉の算式にすると

性格=本質+経験 となります。

幼少のころの性格は本質が勝っており

性格=本質+体験 と言えます。

 

つまり、人間は大人になるにつれて心も成長をして、性格を形成することになります。その人の性格を観察するとその人の育ちが分かることになりますね。

平成27年2月23日でごわす。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM