<< 節電と電力 1 | main | 節電と新電力 No3 >>

節電と電力 2

  目次を作りました。順番に見てね






節電と電力 No2

グラフ

 では実際にはどのようにすればいいのでしょか? まず電力会社に月別の電力使用量のグラフを出してもらいます。その月の1日から月末までのグラフです。夏場の3か月間程度のグラフを見比べて、いつピークが来ているのかを調べます。そしてその原因を突き止めていきます。

 CCF20141115_00000.jpg赤:外気温  黒:総電力


 このグラフではピークが昼の時間帯に集中しておりピークも昼の時間となっています。ん、どういうことなのか? と疑問になります。 これは昼休みになって社員やパートが室内に戻ってきてクーラーを使っていたからです。ほかにも電動リフトの充電も昼休みにしていました。驚きですね。昼休みは節電だとして電気をLEDにかえ、使用しないときは電気を消していたのに。 当然昼休みの方が電力が下がると思っていたのに。 このグラフを見ることで現在の使用状況が把握でき対策を講じることができます。この会社では使い方を変えるだけで
175kwあったピーク時の電力を150kwまで落とすことが出来ました。

契約基本料が変わるだけでも年間に数十万以上電気代を削減することができます。

節電の方法

1、電力会社から月別の電力使用グラフを貰う

2、契約電気の種類を調べて、どれが一番お得か電力会社に試算してもらう

みなさんもやってみては?

平成26年11月17日






コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM