<< 記事 | main | 今後の農業2014 No11 >>

カナブン対策

 いつもながらカナブンがやってくる季節になりました。

大玉トマトが木熟しだすと、カナブンが嗅ぎつけてやってきます。

今年は防虫対策としてネットを張ってみました。
image.jpg

でもカナブンは来ます。
image1.jpg

しかし、依然に比べたら被害は少なくなりました。
完熟するちょっと前に収穫したらいいかと思います。
大玉トマトには来るのですがミニトマトや中玉には興味がないようです。

ネットとトマトの間隔は作業スペースも考えて少しトマトから離して人が通れる程度の
隙間を持たせています。

ネットは高さが調整できるようにして、成長や状況に合わせて高さを調整します。
カナブンはネットが高くても侵入してくるので要注意です。

留め具は
IMGP1756.JPG
を使用しています。

これは19mm用ですが、支柱は16mmです。ネット上部の留めるところを二重程度にしています。
留めるときは少し留め具を潰して隙間を狭くしています。
ネット中央部は、そのまま留め具をはめ込んでます。こうすることで簡単に高さの調整ができます。


スイカなどには、ネットを横にして防鳥と日を和らげるようにもできます。工夫次第でいろいろと使えます。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM