<< 常識とは | main | カナブン対策 >>

記事

 

記事

 

最近ニュースを見ているとやたら悪いことばかり報道して、その対策や自分たちの心がけについてのコメントはなにもない。当然のことながらニュースなので結果のみを伝えるだけのことだが、その伝え方を間違えると一方的にある方向へと導こうとすることになります。例えば集団的自衛権を戦争と結び付けて放映すれば視聴者はそのように解釈します。また、ある特定の情報のみを取り上げるとそういった方向に導かれます。ネットでも中国や韓国との対比をしては、日本の良い所ばかりを取り上げていると、自然的に相手国に反感を持つようになります。人の考えは千差万別ですが、国家として何をすべきかを無視して個人の自由ばかりを取り上げていると、団結力のない国家となります。また、国家の事ばかりを言っていると、敵国を作ることにもなります。

 現代社会はグローバル化しており、世界からの視野で物を考えなければ成りません。未来の世界をどうしたいのか? どうしなければならないのか? 全世界が平和であるためにはどうすべきなのか? もっと考えなければ成りません。 報道もある方向性のみの偏ったものではなく、グローバル的な世界観で物事を見るようにしなければならないのではないでしょうか? 過去のことを教訓として未来を考えて行くことが大切に思えます。あまりも一方通行の報道が増えているように感じます。

 家庭でも会社でも、社会でももっと人が人を大切にできるよに、広い視野で考えるように癖付けをしていかなければ、世界に取り残されることになるのではないでしょうか。家庭と言うものが如何に大切かと言うことを感じます。

 

平成26716


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM