<< 今後の農業2014 No7 | main | 今後の農業2014 No9 >>

今後の農業2014 No8


目次を作りました。順番に見てね




今後の農業2014 No8
今後の農業はどのように変わっていくのか?



JAについて
 

JAと卸売市場

 JAは集荷した農産物を各市場に卸します。卸売市場では受け取った農産物を競りにかけます。卸売市場の基本は競りによる販売で荷主から委託されて競りを開催します。競りにかけられた農産物は仲卸(仲買人)が値をつけてセリ落としていきます。最近では競りによる販売よりも相対取引が主流となっており、競りは値決めをする手段となってきています。予約相対取引では卸売市場に入荷される数量を予め先取りするもので、競りよりも前に商品を受け取ることができます。その為競りにかけられる農産物の量が減ることとなります。

競りにかけられた商品は委託販売手数料を引かれて荷主(JA等)に支払われます。支払サイトは概ね1週間以内で仲卸も1週間以内に卸売業者へ支払いを行います。販売価格が低いとその卸売業者に対してJAは農産物の供給を取りやめることで価格の上昇を求めます。拠点市場に指定されると商品を優先的に受けとることができ販売が優位になります。

卸売市場ではJAの指定を取り消されないようにJAの目標数値(売上高)をクリアしなければなりません。JAの指定が取り消された市場では系統物の入荷がなくなることとなり、個人者を取り扱うことで選別等の差で消費者の信用をなくすことになります。卸市場にとってJAの指定取り消しは死活問題となります。

 また、JAは物流と生産量の調整を行っています。豊作で供給過剰になれば卸売市場への出荷を減らし、場合によっては畑で廃棄することもあります。供給過剰になった状態で卸売市場に農産物を供給し続けると販売単価の下落を招くばかりでなく、消費自体が落ち込むこととなり売れなくなります。出荷調整では卸売相場が下落した状態が続いたりしても行うことがあります。これは生産者の保護の為に行います。このようにJAと卸売市場は密接な関係がありますが、青果流通に於いては生産者の立場が強く、商品を仕入できないと売上にならないので、仕入れ先であるJAが優位な立場にあります。卸・仲卸は生産者と量販店との板挟みとなり、生産者も販売先もお客と言う弱い立場に立っています。



平成26年6月7日




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM