<< 危機的な地球2013 No13 | main | 危機的な地球2013  No15 >>

危機的な地球2013 No14

    目次を作りました。順番に見てね


 危機的な地球20132013/11/20
No14
気候変動 


b,気候

温度上昇制御不能

 国連の報告によると今世紀の地球の気温上昇を2度未満に抑えることは困難だとして警鐘を鳴らしています。報告書によると調査対象の国々が既存の排出量削減協定を守ったとしても、2020年には地球温暖化ガスの排出量が目標水準より80億〜120億トン多くなる見込みで温室効果ガス排出の二酸化炭素相当量を約590億トンと予測しています。科学者は2度の上限を超えないようにすることで気候変動の最悪の影響は回避されるとしていますが、その為には温室効果ガスの排出量を2020年までに14%削減する必要があるとしています。また、現実的な問題として、この2度の目標上限を超えないようにする取り組みの実現可能性はかつてないほど薄くなっているとしています。専門家からはこの目標は非現実的だともしています。報告書では温室効果ガスの全排出量の約11%を輩出している農業部門については大幅な排出量削減の余地がある領域だとし、畑の耕起を減らして農地への樹木や低木の植林など増やすことで、2020年の温室効果ガスを最大40億トン削減することができるとしています。ネット記事より。

 
平成26年1月7日


 




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM