<< 危機的な地球2013 No11 | main | 危機的な地球2013 No13 >>

危機的な地球2013 No12

    目次を作りました。順番に見てね


 危機的な地球20132013/11/20
No12

気候変動 
海水温

海洋温度吸収

 海洋は地球全表面の7割を占めており、その影響を無視するわけにはいきません。海洋の温暖化に対する役割は二酸化炭素の吸収と熱吸収です。海洋が二酸化炭素や熱を吸収することで温暖化は緩やかに進むことになります。しかし、その限度を超えてしまうと急激な異変となって地球にダメージを与えることになるかもしれません。そこで問題となるのがその限界がどこにあるかと言うことになりますが、研究データーとしては明確にはなっていないようです。現在までの海洋の働きは人間活動により排出された二酸化炭素の凡そ3分の1を吸収して大気中の二酸化炭素の濃度の上昇を抑えています。また、熱エネルギーでは過去50年間の地球温暖化の熱の凡そ8割以上を吸収しているとされています。しかし、その一方では海洋の二酸化炭素吸収による海水温の保温効果が高まりつつあることや熱の吸収による海水の膨張による海水面の上昇がおきています。海洋は大気と違い温暖化の変化が緩やかで長期にわたりその影響を徐々に受けていきます。海への影響は緩やかですがその反面一旦影響を受けるとその状態が長期間に亘り続くことになります。そうなると私たちへの影響も長期化するということになります。

 温暖化の現状として地球の気温は1999年までの100年間で約0.7度上昇しているとされていますが、2000年以降大気中の二酸化炭素(温室効果ガス)は増加しているものの気温上昇率は10年あたり0.03度とほぼ横ばいの状態で顕著な温暖化の傾向が見られないとしています。このような停滞している現象を気候の「ハイエイタス(hiatus)」現象と呼んでいます。

ハイエイタス現象の研究によると観測データーから700mの深海を超える部分での熱の吸収が高まっていることが明らかになっています。また、ハイエイタス現象すべてが温暖化によるものではなく部分的には気候の自然変動である可能性も示しています。ただ結果から考えると深海の温度上昇の影響が今後どのような形で現れるかは明確ではありません。

平成25年12月27日


 





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM