<< トマトを作ろう No9 | main | トマトを作ろう No11 >>

トマトを作ろう No10

 

目次を作りました。順番に見てね








失敗だらけの家庭菜園

トマトを作ろう No10


定植

アドバイス

支柱

 問題となるのが支柱が果実の重みで傾くことです。支柱の組み方としては合掌型や直立型があります。合掌型では斜めに支柱を畝の両端から刺して頂部を交差させて結わうものです。これを数列並べて交差する頂部に横棒を通して結わうことでガッチリした支柱ができます。直立型は支柱を直立に数列並べて立てて支柱同士を横棒で結わえて強くします。しかし、これでは横風に弱いので支柱ささえの斜め棒を数か所に結わえます。合掌型だと2条となるので畝幅も大きくしなければなりません。また支柱が斜めなので作業がしにくくなります。直立型だと1株植えからもでき畝の幅も小さくできます。また、直立なので後々の管理もしやすく作業が楽です。しかし、風や重みに弱いのでしっかりした支柱の組み立てが必要です。葉が茂ると風の力をまともに受けるので強風で傾いたり倒れたりします。これに果実の重みもかかるので直立型では斜めの支え棒でしっかり支柱を固定した方が無難です。

 作業効率と樹の負担を軽減するためにも定植時の花房の向きは管理をする通路側にします。トマトは同じリズムで実を結ぶので最初の誘引と支柱の位置が重要です。支柱は花房の反対側に立て、反対側から誘引します。誘引の際の結びの方向がまちまちだと作業もし難く、樹にも負担をかけることになります。

誘引

 誘引は果房の上部若しくは下部の所を誘引します。1果房に4つ程度結実させるとその重みで茎に負担が来ます。このとき結びが緩かったり、きつかったりしないようにします。紐の結び方はしっかりと結びます。支柱側で結びが弱いと次第にずれて果房の重みで茎が曲がってくるので支柱の結びは2重以上に巻き付けてしっかりと固定させます。また果房が紐や支柱に挟まれないようにします。最初のころは小さい果実も次第に大きくなるのでこのとき障害物があると傷みとなったり変形したりします。

ネット

 また、カラス除けとして網ネットを張ることをお勧めします。カラスの目は赤外線でものを見るので熟したころあいが分かり、収穫時期にカラスに食べられることとなります。ネットは支柱の高さまであるものを選びます。きちんと地べたから張らないと隙間からカラスに食べられます。ネットが株と近すぎるとトマトの生長によりネットと株が接触して絡んでしまい果実を傷めるので、トマトとネットの隙間は充分にとっておきます。ネットの張りが弱いと強風でトマトと絡むのでピンとネットを張るようにします。ネットをすると作業がしづらくなるのでやや網目の多きものを選ぶと良いです。

雨よけ

 雨よけをすると病気を防げて健康なトマトを作ることができます。雨よけは支柱の上部にU字のトンネル用の支柱を利用します。それかホームセンターなどでも専用のものが売っています。若しくは竹などで自作します。風で飛ばされないように下の方までビニールを張ってしっかり固定できるようにします。

平成25年8月20日






コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM