<< 体脂肪燃焼2 | main | 目次 家庭菜園 >>

体脂肪燃焼3

 

目次を作りました。順番に見てね







体脂肪燃焼3

 

胆汁酸ダイエット3

加齢と基礎代謝

 基礎代謝とは、何もせずにじっとしていても生命を維持するために必要な生命時活動で心臓や呼吸、体温調節など使われるエネルギーのことです。基礎代謝に使われるエネルギー量のことを基礎代謝量といい成人男性で11500キロカロリー、女性で1200キロカロリーです。基礎代謝は加齢とともに衰えていき痩せにくくなっていきます。逆に言う若いときと同じ食事量をしていると肥えやすくなるということになります。基礎代謝量は性別や年齢など各人によって異なりますが、筋肉の量によって決まります。筋肉が多いとエネルギー消費量が増えて痩せやすくなります。加齢になると筋肉が衰えて筋肉の代わりに脂肪が入り込んできます。体重は変わらないけれども次第に脂肪が増えてくるのはその為です。筋肉の量は加齢とともに成長ホルモンの低下やタンパク質の合成の低下などによって次第に減少していきます。ようするに加齢とともに痩せにくくなるということです。また加齢による基礎代謝の低下は筋肉量の減少のほか褐色脂肪細胞の減少にもよります。褐色脂肪細胞は基礎代謝を上げて余分な脂肪を退治してくれます。食事の時に血液中の胆汁酸濃度があがる食事をとることがお勧めです。運動と胆汁酸で基礎代謝を維持するように努めましょう。

 

さて、番組に戻って

胆汁酸ダイエットでも腸への刺激を与える運動でより効果的に胆汁酸の入れ替えができ、褐色脂肪細胞を活発にすることができるそうです。

「世界一受けたい授業」では

・姿勢を正しイスに軽く腰かけて足を軽く開く
・両手指先をへその下3cmへ指し込み大きく息を吸う
・息を吐きながら姿勢を正したまま体を前かがみにして手首が太ももにあたるくらいまで      

上体を倒す
・指先をお腹に指し込んだ状態で時計回りに3回まわす
・息を吸いながらゆっくり上体を起こす
あまり強く、もみすぎないよう、ご注意下さい。
寝る前やお風呂上がりにやるのがお勧めです。

但し効果に個人差はあるそうです。

 

平成25524


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM