<< 渓流釣り 高巻き | main | 体脂肪燃焼1 >>

活用と利用

 


目次を作りました。順番に見てね







 

活用と利用

 なんとなく同じような意味合いの言葉っだが、真剣にその違いを考えたことが無いので、ちょこっと考えてみます。

利用はいい意味もあるし悪い意味もあります。利は利益、目利き、利己とかに使われますがこれらは自分にとってプラスに働くことで、自分の役に立つことを意味しています。では利用は何かを用いて利となすことと解釈できます。自分の為になるようにそこにあるものを使うことです。利用を辞書で引くと本来そのためにあるものでないもを使って自分の為に役立てることとなっています。利用するものは道具であったり人であったり、法律であったり、全てのものが道具となります。

 活用の活は活かす(いかす)という意味です。活用はそこにある道具等を使いその機能を最大限に発揮させ最大の効果を得ようとする行為をいいます。利用ではそもそもの使途でないものを使いますが、活用はそもそもそのものが本来持っている機能や能力を最大限に引き出して効果を高めることです。活用するものはポジションや機能、算式などです。ものを活用するためには、その物を使いこなす技量が必要となります。使う側の能力が低いと充分そのものを活用することはできません。利用では自分の能力にとって代わるように他人を利用したりすることができます。活用は自分の技量に左右さて利用は操ることで効果を得ようとするものです。


 効率を上げるためには活用と利用を上手く混合して単位当たりの効果を最大限にするものではないでしょうか

効率=活用+利用

 

平成25520


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM