<< お金とは 潜在的価値 | main | コストとは >>

お金の重み




目次を作りました。順番に見てね







 

1円の重み

つまり、お金とは価値の尺度ではなく、お金が大切なものであることの認識表現ではないでしょうか? 一般に言われる価値とは経済価値のことであり「命の重み」などの重みとは異なるものです。しかし、お金が本来持っている意味合いは経済価値で測れない重みを表現しているものであって、価値の高さや量ではなくそのもの自体に重みがあることを教えてくれているのではないでしょうか。例え1億円と1円を持っていてどちらが価値があるかと聞かれると大抵は1億円となりますが、1億円も最初は1円から始まっています。つまり、お金としては1円でも1億円でもその重みに変わりがないということです。経済価値としての尺度では1億円が価値があることになりますが、それはあくまで経済価値での話で、そのお金に込められた思いや苦労、気持ちなどの経済価値では測れない「重み」もお金には含まれていることを認識しておかなければなりません。お金の重みを考えると、家畜などの生命の重みをタイムセールなどで安ければいいという販売の仕方は、命を愚弄しているものであり、お金をバカにしているように思えてなりません。せめてお金に対する感謝の気持ちを持ち続けることが大切です。

 物があふれる飽和社会となり大量生産大量消費はとどまることを知らず、拡大するばかりです。お金の重みはたとえやすいものであっても、それに携わった人々や素材を提供してくれたものへの感謝の念は忘れてはいけないものです。日本人には「もったいない」という感情があり、その「もったいない」こそが重みへの感謝の行動だと思います。最近では「もったいない」という言葉ばかりが独り歩きして行動が伴わないものとなっています。日本人の良いところは感謝の念が強いことです。経済優先主義では感謝の念を無視したものとなり、人々から「重み」を消し去っています。

 たかが1円されど1円であることを再認識しておかなければならないのではないでしょうか。

お金≠経済価値≠欲望的価値

お金=感謝+大切=重み

 

経済的価値

精神的価値

対象

物品

気持ち

価値

欲望的価値

生命価値+感謝価値

計測

測れる

測るべきではない

比較

比較できる

比較できない

値段

つけられる

つけられない

格の表現

値段

重み

価値の表現

高い、安い

できない

使って

便利

感謝

認識

道具

重みの認識

平成25510




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM