<< ホッキョクグマの危機 | main | お金とは 潜在的価値 >>

お金とは




目次を作りました。順番に見てね






 

お金とは

 お金のそもそもの歴史を調べてみると、そもそもは物々交換から始まり、欲しいものと貴重なものとを交換する物品交換となり、更に高価な金銀などの天然貨幣となり、コストのかからない鋳造金銭へとなり、使い勝手のいい紙幣がでてきました。このような貨幣は価値の源泉である金・銀などの希少金属と交換することが出来ました。この交換貨幣を「兌換貨幣(だかんかへい)」と言います。また、金を本位とする通貨体制を「金本位制」といいます。金本位体制では貨幣の裏付けが金であった為に金の保有量が貨幣の量と比例し、貨幣と金の交換割合が物品価値となっていました。次第に国際化してくるとアメリカに金が集まるようになり、アメリカの政策として「金為替本位制」がとられました。

 

物々交換:欲しいもの同士を交換する

物品交換:欲しいものと貴重なもの(貝、布、石などの腐らないもの)

鋳造貨幣:希少金属である金銀を採掘するのではなく鋳物で作った銅などの手軽で大量にあるもので作られたものです。

金為替本位制(ブレトンウッズ体制):アメリカで米ドルと金とを交換することで、他国の貨幣は米ドルと交換することで金と交換できました。このように金と交換できる貨幣を金兌換貨幣といい、1971年にニクソン大統領が金兌換性の終了を宣言し(ニクソンショック)金と貨幣の交換ができなくなりました。現在では各国の中央銀行が独自の紙幣を発行しています。

 

貨幣をみてみると「貨」は貝が化けたもので金貨などの硬貨となり、「幣」は布が化けたもので紙幣となったことが字から推測されます。

 

貨幣の定義

貨幣の定義は、財・サービスの価値の尺度として役割があり、その価値に基づいて物品等との交換の手段としていつでも行使され、将来にわたり価値の保存ができる。つまり‖于狙、等価性、J歛言があることになります。

_礎佑亮榲戞Ш癲Ε機璽咼垢梁于舛箸靴討硫礎

       価値は人それぞれ様々で相対的評価であり絶対評価ではない。その価値と貨幣の均衡をとる役割がある。

交換の手段:上記の財・サービスの価値の尺度において価値が評価されると、その価値と同等の貨幣と交換ができる

2礎佑諒歛検Р瀛召呂修硫礎佑状態に応じて変化することなく、そのままの価値として保存することができます。

 

平成25年5月8日


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM