<< 耕耘機使い方 No7 | main | 耕耘機使い方 No9 >>

耕耘機使い方 No8

 


目次を作りました。順番に見てね







耕耘機の使い方 No8
ヤンマーディーゼル耕耘機

操作説明

 

エンジン始動(手動)

この耕耘機のエンジンはディーゼルエンジンです。圧縮点火機関となるので、バッテリーを必要としません。ディーゼルはシリンダー内のガスを圧縮することで爆発が起こります。ガソリンエンジンは点火プラグより火花を散らしてガスを爆発させます。よってディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べて圧縮比が高いので特殊な方法でエンジンを掛けます。ここでは手がけでエンジンをかける方法を説明します。

 

エンジンをかける前の点検

エンジンをかける前に

.船Д鵐献譽弌爾ニュートラルであることを確認します。

駐車スタンドが立っていることを確認します。

オイルや燃料が入っていることを確認します。

い修梁哨イル漏れなど不具合がないかを確認します。

エンジンのかけ方

 エンジンの始動はクランクハンドルを使います。エンジン本体のクランクハンドル差し込み口にクランクハンドルを差し込みます。差し込んだ後クランクハンドルを時計回りにグルングルンと勢いよく回して弾みをつけてエンジンをかけます。しかし、ディーゼルエンジンは高圧縮なのでそのままの状態でクランクハンドルを回そうとしてもびくともしません。クランクハンドルを回すためにはデコンプを引っ張ってシリンダー内の圧力を抜きます。デコンプはシリンダー内の圧力を抜くもので、圧力が抜けるとシリンダー内はスカスカになり簡単にクランクシャフトを回すことができるようになります。

クランクハンドルの差し込み口はボディの下部に突起のようなものがあります。

start.jpg

ここにクランクハンドルを差し込みます。
スライド14.JPG


ここにクランクハンドルをさしたままにしていても安全です。でも危ないです。

スライド16.JPG

クランクハンドルの差し口は斜めにカットされています。エンジンがかかると勝手に外れるようにできています。

 

クランクハンドルを差し込んだところ

スライド15.JPG

こんな感じになります。このままでは回せません。デコンプを引っ張らないとね。


平成25年3月19日












コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM