<< 体罰 | main | 耕耘機の使い方 No1 >>

 


目次を作りました。順番に見てね





 



「世に生を得るは成すにあり」「人の一生というのはたかが50年そこそこである。いったん志を抱けばこの志に向かってことが進歩するような手段のみをとり、いやしくも弱気を発してはいけない。たとえその目的が成就できなくても、その目的の道中で死ぬべきだ。生死は自然現象だからこれを計算に入れてはいけない」 竜馬が行く より

 今の私たちには志があるだろうか。何をしようとしているのだろうか。何のための生か自問自答するうちに、自問自答さえもしなくなってきた。志は未来を切り開く原動力であり希望です。哲学的なものの考えはなくとも、人生を自分なりにまっとうしたいものです。で、自分の志となると、自然を残したかな、田園風景はいいものです。その風景が少なることは寂しいものです。昔はレンゲ畑や菜の花畑をよく見かけましたが今では見ることもありません。田んぼにもドジョウやカエルの卵もありません。花がなければミツバチは育ちません。土がなければ生物は生きられません。コンクリートに囲まれた世界では生命の循環は行われません。私の志は自然を増やすこと。生命の循環を大切にして未来の子供たちに繋ぎたいですね。

 

平成2534


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM