<< 経済と効率 | main | 地球泊書2012 No21 >>

今を生きる

 


目次を作りました。順番に見てね






 

今を生きる

「汝は最後の人なり」、「汝は最初の人なり」

先日法事での説法のなかで「今」という「生」についてのお話しがありました。今と言うものをどのようにとらえるかと言うものでした。汝は最後の人なりはお前が私の説法を聞く最後のひとりとなろうと弟子に伝え、その後に弟子に汝は最初の人となろうと言われたというものでした。今という時間はあなたの心の中での問題で、最後の一人だからこそ今を大切に生きなければならない、最初の一人となるのだからその一歩が未来を創るものとなるというものです。

 物理的に考えるなら現在は過去と未来の間にあるものであり、過去と未来をつなぐものです。現在=過去+未来 →未来=過去+現在 となります。物理的な時間での今は過去と未来との狭間ということです。しかし、精神時間では今は最後であり最初であります。今というべきものがいかに大切であるかと言うことを知ることができます。

 いっしょうけんめいという言葉がありますが、漢字にすると一生懸命となります。また、これと同じ言葉に一所懸命(いっしょけんめい)があります。どちらが正しい使い方か分かりませんが、このことを「今」で考えてみると

一生懸命は物理的な時間での頑張る で

一所懸命は精神時間的な頑張るだと思います。

一生懸命=一生を懸命に生きることは気持ち的には分かりますが一生はきついですね。

一所懸命はひとつのところをメリハリつけて頑張るのでこちらの方が精神的には一点集中できますね。

 

言葉の算式

現在=過去+未来  今までの行動は未来へ繋ぐもの

今=最後×最初  今と云う時間は今しかない(今の中に過去も未来も混在している)

 

なんとなくこんな感じです。

もらった命を大切に今を生きたいものですね。

 

平成25225

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM