<< 消費税を考える2013 No9 | main | 地球泊書2012 No17 >>

削減と効率



目次を作りました。順番に見てね




 

経費削減と効率

 先日電力会社がやってきました。というより電力料金の引き上げに対する苦情を言っていたので、その説明に来ました。電力料は基本料金と電力量料金とに分かれており、基本料金は契約電力で契約種別ごとの基本単価に最大需要電力(1年間に使用した最大電力KW)を掛けたもので、電力量料金は契約種別ごとの電力量単価に使用電力量(KWh)を掛けて算出されています。契約種別とはいくつかのオプションが用意されており産業用電力や季時別電力など色んなパターンがあります。契約種別により基本料金単価が安く使用料金単価が高いものはあまり電気を使わない企業向けであったり、基本料金単価が高く使用料金単価が安いものは電力を多く使う企業向けであったり、契約の内容は様々です。たまにはこの契約種別を見直すことで支払う電気代を下げることができます。

 さて、話の内容は契約電力の変更による電気代の上昇を極力抑えることでした。しかし、問題は電気料の削減ではなく効率よく電気を使うことです。電気の専門家ですので社内を見て回り節電できる案の提示が欲しいと要望しました。例えば大型冷蔵庫があるところなら、開閉時の冷気の流出で品質の劣化と無駄な電気代がかかります。そこで当社の使用状況を調べたうえでどのような開閉装置を設置したらどのくらいのメリットがあるのか算出して欲しいものです。この例では無駄な電気の削減による経費の削減であり、そのメリットは開閉時間の短縮による作業効率の向上、電気代の節約、品質の維持と電気代以外のメリットを生み出すことができます。事務所内では蛍光灯をLEDに変えることで、電気代の節約と今後節約できる電気代を別の投資に使うことができます。そうなると電力会社は家電メーカーや冷蔵冷凍庫メーカーなどと業務提携することで、浮いた電力を別な電力に使うことができるので売り上げの増加と削減による利益の向上を得ることができます。

 また、電力会社がもっている情報を整理することで他企業との結び付けを行うことができ、更なる電力需要を伸ばすことができます。取引先の情報をデーター化することで新たな電力需要を生み出すことができます。

 効率というと削減ばかりを考えますが、削減では効率は上がりません。削減は生産力を落とすことになるので、削減ではなく効率を考えなければなりません。お客様に喜んでもらいしかも電力需要を増やす方法を考えることが大切です。削減はデメリットです。削減ではなく節約や効率の向上を考えてみたいものですね。

 

削減=経費−無理―無駄―斑

事業効率=使い方(道具)×使い道(結い)

売上効果:効率>削減

将来性:効率>削減

こんな感じかな・・

平成2528


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM