<< 消費税を考える2013 No7 | main | 運命とは >>

消費税を考える2013 No8

 


目次を作りました。順番に見てね





 
消費税を考える2013 
No8

消費税対策(青果物)

野菜の質の向上


・仕入れ管理簿の活用方法

 仕入れ管理簿の記入は少しずつ行っていきます。簡単なようですが知らないこともあり、考えながら記入していきます。まず、出張で産地に赴く前にはあらかじめ聞き取り事項と質問内容を決めておきます。テーマがなく産地に行っても報告書は感想文となってしまいますし、値段だけの話となり人間関係の構築(信頼関係の構築)には繋がりません。管理簿の記入に当たっては販売につなげるための仕込みをしていくようにします。販売先の地域性を産地に知ってもらうことも大切です。産地では当たり前の商品でも販売先によっては新商品となります。同じ品種でも違ったものとなります。生産地と販売地域の特性を知りあうことで新たな展開を見出すことができます。仕入れ先管理簿の反対側には販売先管理簿を作ります。B4の左側に仕入れ先管理簿、右側に販売先管理簿を作成します。そこで結びつきを考えていきます。更には販売計画書を作成します。販売計画を作成すると並行して産地の資料を作成します。仕入れ先管理簿の右側に資料を添付します。生産履歴、圃場写真、土壌分析などの資料を添付して販売先と交渉します。また、仕入れ先にも管理の仕方を見せて販売までの取り組みを説明しておきます。

 販売をスムーズに行うためには産地管理は欠くことができません。その情報を整理することで販売と仕入れを結びつけることができます。産地を管理していく上には日報が必要となります。産地に赴いてどのようなことを話してきたのか、問題点や課題はどういったものなのか? などその都度書き留めておくことが必要です。そしてどのように解決するのか産地と一緒に考えることが大切です。

 産地ごとの管理簿を作ることで、どこの産地と産地が同じレベルなのか知ることができます。同レベルだと産地リレーの対象となります。季節の移り変わりにともない産地も移行していきます。この時品質に差があると販売がし難くなります。品質のリレーを行うためにも管理簿は必要となります。

 

整理の仕方(B4の右側に作成するもの)

・販売先管理簿

・販売計画

・産地添付資料

・日報

などなど

 

エクセルで仕入れ管理簿を作り、各シートごとの右側のみを変えます。仕入れ先管理簿はシートを串刺しにすると、同じ内容を記入することができます。

 

平成2524









コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM