<< 土壌のしくみ 微生物 | main | 土壌微生物 醗酵と分解 >>

組織の定義

目次を作りました。順番に見てね

組織とは、総合力で勝負
 今後勝ち組として生き残っていくには、企業としての力を十分に発揮する必要があります。その為には組織力を発揮することです。一人づつの勝敗でなく企業全体でどのように取組んで、勝利を収めていくかが大切です。売上が頭打ちになり伸びなくなるのは、個の売上集団からの脱皮ができていないのではないでしょうか。企業の売上は個の売上の集積でもあるわけですが、一つの企業として組織力による売上もあるわけです。大企業が強いのは個人の売上の集積ではなく、企業としての組織的な売上ではないでしょうか。如何に組織力を発揮できる組織にするかが勝敗の鍵を握っているように思えます。

 組織の定義は、「組織とは、目的を持った人間の集団で、その人間の集団には連帯感があり、役割(責任)が明確に区分され、その役割間には結合関係がある」です。
上記は組織の定義ですが、最近では倒産するところも増えており、企業全体に活気がないように思えます。
では組織の弱体化はどのようにして起きているのでしょうか。
1. 目的が会社の目的のみとなり個人の目的と一致性がない
2. 少子化や孤食などように個が主であり連体がなくなっている
3. 役割が区分され、その部分でしか物事を考えなくなった
4. 3の部分が強くなり横の結合関係がなくなった
このように考えてみると集団より個、協調より競争、という社会変化に流されているように思えます。

私は組織でのあり方を次のように思います。
・職位、職務の立場的人間であるよりまず組織人としての自覚をもって行動しよう。
・職位、職務は個人についているのではなく、そのポジションである役割と責任に付随し
 ている。
・共同、一つの目的達成のために同じ作業をすること
・協同、一つの目的達成のために、それぞれの力を借りること
・協調、一つの目的達成の為、各分野において支援すること
・協力、一つの目的達成の為、共同、協同、協調を集積して、こごの力の和を総合力で上
 回ること。
・以上のように考えてみると組織とは、総合力での勝負ではないでしょうか。
ばらばらの組織では総合力は発揮できませんからね。

総合力では、各分野が低くても、各分野を融合することで個の和以上の力を発揮することができます。また、個ではミスのカバーをすることにエネルギーをかなり消耗しますが、総合力では、小さな力でカバーができるため、大きなダメージには至りません。
ではどのような組織がいいのでしょうか
1、 組織を動かすのものは人ではなくシステムになっている。
2、 意識という感情を重んじるのではなく、知識や能力を重んじる
3、 責任を重んじるのではなく、誇りを重んじる
4、 利益を重んじるのではなく夢を重んじる
5、 対峙して話すのではなく、同じ方向で話す
6、 強制ではなく自主性を重んじる
7、 職場の環境は自分たちで作る
8、 気軽に話せる環境をつくる(本音を語れる職場)
9、 議論はしても感情は持ち込まない
10、 言葉でなく具体的に表現する
などなどかな?
目次を作りました。順番に見てね



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM