<< 地球泊書2012 No8 | main | 地球泊書2012 No9 >>

国家とは

  


目次を作りました。順番に見てね








国家とは

 国家の定義を調べてみるが色々とあり、どのように理解していいものか分かり難いものです。そこで勝手ながら自分なりのイメージで抜き出したものを加工してみました。

国家は国民、領土、主権の3要素から成り立っており、且つ政治・経済・社会的に自立している。

国民とは同国の国籍を持つものであり、人種的なものではない。領土は国際法上及び過去の歴史から認識された陸・海・空の領域を指す。主権は他国から干渉されることのない独立した統治権。政治・経済・社会は地域的に自立して他国支配を受けていないもの。こんな感じかな。

 では敵国とはどのようなものなのでしょうか? 敵とは国家を武力的に脅かすもので国民・領土・主権を害する国となります。例えば北朝鮮などは日本国民を拉致しているので敵国となりうります。また、中国が故意的に領海侵犯して尖閣諸島に上陸した場合は敵国なります。しかし、現代は秩序社会であり先進国である日本や中国が武力衝突することは避けなければならないことです。

 

 国家は外部ばかりの攻撃で崩壊するとは限りません。例えば政治の空白、経済破綻、社会秩序の欠落になると、見た目は国家でも中身は難民国家です。また主権を放棄したり、領土を放棄したり、国民が減少したりすると国家は維持できなくなります。この機会に日本国の生い立ちを調べることも国家を知るうえで必要なことですね。

 更には将来の日本国を考えると人口減少に伴い国家の3要素である国民が縮小し、経済も縮小します。そうなると日本が経済大国でいられるのも時間の問題です。将来の日本国を維持するためには人口の減少を食い止めなければなりません。

 

 国家の宝は子供です。国家は将来の子供の生活を守るために存在しています。国を大事にしない人、日本人であることを自覚しない人にとって、その子供たちは国なき子になってしまいます。更に子供たちに必要なのは教育です。自由は高い能力で維持されます。能力が低いと社会・経済などが維持できずに国家が崩壊します。

 また、国家の維持にもう一つ必要なものがあります。それは食料です。食料がなければ国民の生命を維持することができません。食料不足になると暴動が起きり治安が乱れ乱世となります。食料不足は国家の崩壊を齎します。食料自給率が低いということは国家としての生命線が危ぶまれていることになります。食料は武器に匹敵する力を持っています。昔の兵法に兵糧攻めがありましたが、食料がなければ戦うこともできません。

対外的国家=国民+領土+主権

内的国家=政治+社会+経済

国家維持=教育+食料


平成
241211


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM