<< ポジティブとネガティブ | main | 地球白書2012 No1 >>

ゆとりと能力

 

目次を作りました。順番に見てね




 


ゆとり

 人間働いてばかりいると疲れます。体力的にも精神的にもゆとりを持ちたいものです。忙しくてゆっくりとがないと良い仕事も考えも浮かびません。ではどうしたらゆとりができるのでしょうか。

 

ゆとりも能力が必要です。能力がないと捌ける仕事量も少なく、且つ時間も多く消費します。よく勘違いするのが忙しいからゆとりがないと言ったりしますが、能力がないことも忙しい要因の一つです。よくわかるのが以前勤めた人が辞めて新しい人が入ってくると比較できるので前の人が能力あったかどうかわかります。例えば以前いた人がネットを見たり時間をもて遊んでいたりすると周りの人は仕事をしていないと言います。しかし、辞めて新しい人に変わるとその優秀さが分かります。それは捌く量も時間も気の使い方も劣るからです。能力は一見しても分かり難いものです。比較があって初めて分かります。この例からだと前任者は能力があったのでゆとりがあったことになります。ゆとりは能力に依存されています。

 

能力は捌く仕事量だけの問題ではなく、それを判断する力の問題の方がはるかに大きいのです。つまり分からに事が少ないということです。強いて言うなら先が見えていると言うことです。先を読んむ力が能力だと感じます。先が分かるから仕事が早いということです。木のまわらない人は段取りも悪く時間も多く必要とします。また、能力の無さは問題点を気がつかずそのまま流してしまいます。その結果後始末に時間を割くことになります。ゆとりは能力がなければ作ることができません。

 

 ではゆとりを作るためにはどのようにしたらいいのでしょうか。もともとの脳力がない人は別にして、能力以上の課題をこなす練習をすることが必要です。できないのではなく、するということが大切です。無理やりキャパを広げないと能力は増しません。自分の限界を決めるのではなくこなすことが必要です。

 

ゆとり=(仕事量×困難度)/ 時間 ・・・・能力

 

平成241120



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM