<< 茄子を作ろうNo4 | main | 茄子を作ろう No6 >>

茄子を作ろうNo5

 
  

目次を作りました。順番に見てね




 

家庭菜園
 
茄子を作ろう No5

5、芽摘み、整枝

 一番果が実ってきたら芽摘みをして株を大きく育てます。3本仕立ての場合は、主枝と一番果の真下の脇芽と一番果の上の主枝と反対側の側枝の3本を伸ばします。芽摘みは一番果の真下から1本残して2番目以降の脇芽を摘みます。樹勢が弱い場合には一番果の真下から全ての脇芽を摘みます。2本仕立ての場合は一番果の下から全て芽摘みをします。一番果が膨らみ始めた頃からが生長のピークに入ってくるので、芽摘みは株を大きくするための重要な作業です。家庭菜園では広さが限定されているので2本仕立てにすることで株間を詰めて定植することができます。また、芽摘みをしないと葉が多くなり過ぎて風通しや日当たりを悪くします。

2本仕立て:一番果より下の脇芽を摘み、一番果の上の主枝と反対の脇芽を残して側枝とします。

3本仕立て:2本仕立て同様に一番果の上の主枝と反対の脇芽を残して側枝とし、一番果の真下の脇芽を1本を残して、それより下の脇芽はすべて取り除きます。

4本仕立て:2本仕立て同様に一番果の上の主枝と反対の脇芽を残して側枝とします。一番果より下の脇芽はすべて摘みとります。そして2本の枝から発生する手前の脇芽を1本づつ残して計4本とします。っていうか適当でも構いません。樹勢が落ちたら切ればいいのですから。ただ伸ばし過ぎると樹勢は落ちます。

仕立て本数が決まったら、今度は摘芯をして整枝をします。仕立てた枝から出てくる脇芽(1次側枝)はある程度伸ばして一番花が咲いたら一番花の上の葉1枚を残して摘芯します。そして、その間にある葉の付け根から出る脇芽は最初の1本(2次側枝)を残して摘み取ります。そしてまたその残した脇芽が伸びたら一番花の上の葉を一枚残して摘芯します。そして2次側枝から出る脇芽はすべて摘み取ります(3次側枝まで伸ばすこともあります。樹勢を見ながら判断します)。そうしないと茂りすぎて樹勢が損なわれます。量を多くとろうと思うなら脇芽を摘芯しながら増やすと収量は増え、果実を大きく育てようと思うならきちんと摘芯するといいでしょう。この辺は適当に、樹勢を見ながら34・・次側枝として下さい。ただ葉が茂りすぎると、樹勢が弱まるので注意が必要です。私の場合はかなり放任しています。

 脇芽は最初に出る脇芽より2番目に出る脇芽の方が大きな芽がつくので樹勢が弱い場合は最初の脇芽の代わりに2番目の脇芽を伸ばす方法もあります。ただその分枝が長くなるので葉が茂りすぎます。樹勢は枝ぶりを見て判断します。樹勢が弱いと枝が太くなりません。枝が太くならないと生長も劣ります。

仕立てにもよりますが、2本仕立ての場合だと支柱の角度により収穫量が変わります。枝と枝の間隔を広くすることで、葉が勢いよく育つので樹勢がよくなり収量も増えるそうです。そうすると枝間の幅が広くなるので空間が少ない場所には向きません。


平成24年10月16日








コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM