<< 三つの規則 | main | 漁業資源1 >>

書く

 

目次を作りました。順番に見てね







書くということ

 書くことによっていろんなことを学ぶことができます。筆跡にはその人の人なりが反映され、書くことによって脳を活発にさせ活性してくれます。その物事が理解されているかどうかは書くことで知ることができます。言葉では何と言おうとも書くことによって理解度が分かります。本当に理解していないと文章になりません。書いた文章を読んでみると支離滅裂になっていたり、目的が分からなかったりします。自分の理解度を知るためには書いて考えることが必要です。

計画書も書くことで時系列の段取りを予定として計画することができます。書くことで行動を予測して、相手の次の行動も知ることができます。また、書くことでその単語の意味を考えたり調べたりすることで、単語の持つ意味を知ることができます。それは辞典という意味ではなく言葉が持っている深みを知ることができます。書くことでもっと理解を深めることができます。知らな過ぎる自分に気がつきます。

また、書くことは記録です。記録することでデーターベース化次に役立てることができます。その為にはきちんと整理して保管しておくことが必要です。記録は仕事でもあります。記録のない仕事はその事実を知ることができません。誰がした仕事なのかどのようにしてしたのか、記録がないと遡って知ることができまません。記録と保管はその人の仕事ぶりです。

書くことは自分そのものです。自分の生きていた証として記録として文字を残すことで自分を肯定することができます。また子供たちにその存在を残すことができます。筆跡や分賞からその人の「らしさ」を知ることもできます。自分が自分であるために書くことも必要だと感じます。

 

最近ではペーパーレスが求められるようになり企業内でも書くことから入力へと変わってきています。学校教育でも数年後にはペーパーレスへと移行していきます。合理的に物事を考えることも必要かもしれませんが、ペーパーレスは気持ちがありません。冷ややかな文字が、誰が入力しても同じように出力されるだけです。入力からは人なりを読み取ることができません。書くことは3次元ですが入力は2次元です。そこには気持ちがないように思えます。

 

平成24918

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM