<< 食品表示4(添加物) | main | 食品表示5冷凍食品ほか >>

とまと

目次を作りました。順番に見てね


品名 とまと
野菜購入額のトップはトマトです。トマトは医者いらずと言われ、”トマトが赤くなると医者が青くなる”とまで言われています。トマトには豊富な栄養が含まれており特にビタミンCは8月から9月が一番多い時期です。また、完熟したものほど栄養価が高くなります。
野菜緑黄色野菜
果菜アンデス原産
夏初秋なす科
ファイトケミカル属性脂質関連物質
カロテノイドリコピン
色素色=赤・オレンジ

可食部100g当りの成分構成
エネルギー水分炭水化物たんぱく質脂質灰分
19kcal94.0g4.7g0.7g0.1g0.5g
可食部100g当りの栄養素構成
注目の成分ビタミン類ミネラルなど
リコピンビタミンA90μgナトリウム3mg
β-カロチンビタミンE0.9mgカリウム210mg
ルチンビタミンK4μgカルシウム7mg
カリウムビタミンB10.05mgマグネシウム9mg
ビオチンビタミンB20.08mgリン26mg
ナイアシン0.7mg0.2g
ビタミンB60.08mg亜鉛0.1mg
葉酸22μg0.04mg
パントテン酸0.17mgマンガン0.08mg
ビタミンC15mg食物繊維1.0g
水溶性0.3g
不溶性0.7g
効果】:抗酸化作用によるガン予防、高血圧の予防、動脈硬化の予防、美肌、便秘、二日酔い、酸味は疲労回復、乳酸蓄積防止、ビタミンCやカルシウムの吸収促進、殺菌効果など

健康】トマトの赤色は抗酸化力の強いリコピンです。リコピンはβ-カロチンの2倍以上の抗酸化力を持っています。リコピンは脂質の酸化を防ぐので、ガン予防のほか老化の防止や生活習慣病の予防にも役立ちます。トマトに含まれるクエン酸は糖の吸収を抑えるためトマトを使った食事では血糖値が上がりにくく、食物繊維も多いので便秘の解消にもよいのです。カリウムは細胞の浸透圧の調整も行ない細胞を正常活動する役目もあります。また、カリウムは体内の余分なナトリウムを排出してくれるので高血圧にも効果があります。注目の成分であカロテノイドであるリコピン、β-カロチン、ポリフェノールのフラボノイドのルチンはいずれも抗酸化作用があり、カロテノイドは水に溶けにくく熱にも強い。また、油に溶ける性質があるので、油物と一緒に調理した方が吸収されやすい。
美容、ダイエット】:リコピンは紫外線にも強く肌を紫外線から守ってくれます。また、リコピンにはシミのもとであるメラニンをできにくくする作用もあります。更にトマトに含まれるビタミンHは肌荒れを防ぎ、ビタミンPは毛細血管を強化して皮膚に栄養を送る作用があります。しかも体内に入ったリコピンは肌の皮脂に留まって美肌効果を長持ちさせます。ダイエット効果としてはトマトに含まれるクエン酸は食事に含まれる糖分の吸収を緩やかにします。美肌効果を得るには1日当たり16mgのリコピンが必要となり、生トマトで2,3個トマトジュースなら190g程度です。また、リコピンが多く存在する部位はか皮部で、トマト100g中11.98mg含まれています。
選び方】:トマトの赤色色素のリコピンはトマトの色素全体の8割以上を占めており、赤系トマトで100g当たり約10mg、ピンク系トマトで約3mg程度含まれています。鮮度の良いものはヘタが緑でみずみずしく、皮に張りがありツヤもある。形が整っているものは生育時の栄養バランスがよい。重たいものほど果肉が詰まっている。皮が薄いものは水っぽく身のつまりも柔らかい。皮の厚いものは甘味が強い。持って身がしっかりしているものは日保ちがいい。
形状で見る施肥判断】:・全体にピンクが薄く黄色がかったものは高温管理による。・着色がまだらで黄色が残っており、酸味が薄いものはカリ不足。・ガクの下から肩部分に黄色の大きな斑紋があるものは、高温管理でカリ不足。・大玉でガクも大きく全体的に角ばっているものは高夜温で栄養過多。・ガクが小さく小型で角ばったもので黄色がかっているものは樹勢が衰えた樹。・小型でガクも小さく色の濃い緑赤色で皮が柔らかく、食べてやや塩辛さがあり、ゼリーが緑色のものは水分吸収が阻害され、窒素過多や連作地に多い。・小玉で色も濃赤色でガクが小さく先がやや尖っていて身が硬くしまっていものは食べても甘くて美味しいが乾燥気味で時間を掛けているので反収はあがらない。
食べ方】:スープや煮込み料理にする時は、皮と種を取り除きましょう。底に浅く十文字に切り込みを入れ、さっと熱湯に通して、冷水につけると皮が簡単に向けます。生で食べる時は、できるだけ食べる直前に切るようにすると栄養価が損なわれません
保存方法】:トマトはつぶれやすく、つぶれた部分から傷むので、ヘタを下にして平らに並べて保存袋に入れ、野菜室で保存します。また使いかけのものは、必ずラップで密封して保存するようにしましょう。完熟したもや傷のあるものは痛みやすいのでその日のうちに食べましょう。調理用でまとめがしたものは乱切りにして冷凍して保存します。
産地・品種他】:作付面積は1980年をピークに減少しているが、高品質、工場生産のための施設栽培が増えています。産地は熊本県がトップで全体の12%をしめており、次いで茨城県、千葉県、北海道となっています。2004年度の耕作面積は13,100haで出荷量は66万5900トンでした。品種は完熟系の桃太郎が多く、他にはファースト系などがあります。また、ミニトマト系は大玉トマトより栄養価も高く、高糖度で甘くて美味しいのが特徴です。ミニトマトのシェアはトマト全体の10%程度です。
生育】:トマトの肥大期にトマトの表面には白い斑点ができ、熟してくると色も濃くなり次第に斑点も消えてきます。白い斑点の多さは細胞の多さを示しています。白い斑点が消えるのは成長とともにリコピンや糖、酸で満たされ熟成されるからです。栄養が豊富でバランスの取れているトマトは熱湯につけて皮がツルっと剥けるが皮が剥がれにくいのは窒素過多になっているからです。
特筆、その他】:5%の食塩水にトマトを入れて沈むトマトは糖度が6度以上あるもので浮くトマトは養分が不足している。これは土壌環境と地上環境の相互作用により起こる。また、ガクが上を向くトマトは養分バランスが整っており甘くて美味しい、ガクが下を向くのはカリ不足、ガクが横を向くのはリン酸不足である。茎が割れたり、めがねになったりしている樹では、糖度が5度以上あってもブヨブヨして、水っぽく美味しくない。これは窒素過剰が原因でカリの補給が有効な場合が多い。

トマトの品種
桃太郎ファースト系こくみトマトイタリアントマト
日本を代表するトマト、甘くて美味しい冬場から春先、すっきりした味甘くて美味しい、生食に最適調理用トマト


健康レシピ
【名称】とまとパスタ(4人分)
【効能】美肌(オリーブオイルとの組合せでリコピン吸収アップ)、疲労回復(レモンのクエン酸とビタミンCで効果アップ)
【ワンポイント】醤油のグルタミン酸とでうまみが増します。エネルギー529kcal、食物繊維5.3g、塩分2.2g
【材料】トマト5個、パスタ350g、バジルの葉、調味料(きび砂糖大さじ1、ニンニクのすりおろし小さじ1/2、醤油小さじ2、レモン汁大さじ1.5、オリーブオイル大さじ6、胡椒・塩少々)
【作り方】1、トマトの皮を湯剥きして、半分に切り、指で種を取って細かく切る。2、これに調味料を混ぜ味をなじませる為、1,2時間冷やす。3、パスタはゆでた後冷水で冷やす。4、バジルをちぎって飾る

【名称】ペンネ・アラビアータ
【効能】ガン、高血圧予防
【ワンポイント】トマトと玉ねぎ、ニンニクの組合せでガン、高血圧予防に
【材料】完熟トマト3個、玉ねぎ1/8個、ニンニク1/2かけら、ベンネ120g、オリーブオイル・オレガノ・バジルの葉・塩・胡椒少々、赤唐辛子1/2本
【作り方】1、トマトはざく切り、ニンニク・玉ねぎはみじん切りにする。2、鍋にオリーブオイル大さじ1とニンニク半分を入れ火にかけ炒め、香りが立ったら玉ねぎを加えて炒める。3、オレガノとトマトを加えて弱火で20分煮込み塩コショウで味を調える。4、上記を目の粗いザルでこす。5、1%程度の湯でベンネをやや硬(アルデンテ)めゆでる6、フライパンにオリーブオイル大さじ1と残りのニンニク、赤唐辛子を入れ炒める。7、香りが出たら4のザルで越したソースとベンネを加えて塩コショウで味を調え、仕上げにオリーブオイルを全体に絡めてフライパンをゆすって乳化させる。8、最後に更に更に盛ってバジルの葉を飾る

【名称】トマトソース
【効能】ガン予防、高血圧予防、免疫向上、抗酸化、美肌、疲労回復、便秘
【ワンポイント】免疫アップでプチ保存用として
【材料】トマト2個(なければトマト缶 400g)、ニンニク 一片、タマネギ 小一個、オリーブオイル 大さじ3、ローリエ 1〜2枚、塩 10g、コショウ、赤唐辛子
【作り方】1、鍋にオリーブオイルを熱して、みじん切りにしたニンニク、タマネギを薄く色づくまで炒める。2、タマネギに色が付いてきたら、細かく切ったトマト、ローリエ、塩、コショウ、赤唐辛子を入れ、煮詰める。3、焦げないようにかき混ぜながら10分程度煮込んだら出来上がり。やや長期保存は、1、口が大き目の空き瓶を用意。2、お湯で煮沸消毒(ぬるま湯から煮ます)。3、瓶を取り出しトマトソースを入れる。4、瓶の蓋を軽く閉めて90度のお湯で20分程度殺菌します。5、お湯から取り出しタオルの上で蓋を強く締めます。6、そのまま自然冷却し、触れる程度になったら水に入れ冷やします。7、冷えたら冷蔵庫に入れて保管。加工日を蓋に書いておこう。

【名称】ガスパチョ(2人分)
【効能】強い抗酸化力で老化防止
【ワンポイント】パプリカとの組み合わせで最強の抗酸化力、レモン果汁とでダイエット効果。エネルギー113kcal
【材料】トマト2個、パプリカ赤1/4個、玉ねぎ1/6個、にんにく1/2カケラ、食パン1/2枚、コンソメ顆粒小さじ1、きゅうりみじん切り10g、調味料(レモン果汁小さじ1、オリーブオイル小さじ1、粉末パプリカ小さじ1/2、塩、胡椒)
【作り方】1、トマトを湯剥き、玉ねぎ・にんにくはみじん切り。2、ミキサーに1と食パン、コンソメを入れピューレ。3、調味料で味を調える。4、器にもってきゅうりを載せる



目次を作りました。順番に見てね




コメント
とまと育てていて、とても参考になりました
ありがとうございました。
  • れむ
  • 2007/07/06 9:43 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM