<< 今後の農産物流通2012 No20 | main | 今後の農産物流通2012 No22 >>

今後の農産物流通2012 No21

 

 

目次を作りました。順番に見てね
 



 

  

 今後の農産物流通2012 No21
 

5、消費

 消費に影響を与えるのは経済です。経済が低迷すると収入が減り将来不安から消費が冷え込みます。消費の冷え込みは資金の流れを遅くして資金効率を低下させます。飽和経済下でのデフレ環境では資金の流れを良くすることで消費に刺激を与えることができます。資金の流れを良くするには利益を高めなければなりません。利益を高める方法としては量的な販売と品質的な販売が考えられます。しかし、現在は飽和経済でデフレなので極端な量的販売を期待することはできません。そうなると品質を高めた販売を心がけなければなりません。また、デフレ経済では忙しいばかりで利益が上がらずに、更なる価格競争へと陥ってしまいます。こうなるとデフレスパイラルにはまりいつまで経っても景気は回復することができなくなります。デフレからの脱却をするためにも品質重視の流通へと変えていかなければなりません。

 また、消費の仕方自体も時代の経過とともに変化していきます。社会のあり方とともに食の変化も起こります。食の変化も消費に影響を与えます。食の変化は文化的な変化や流行、年齢構成などによって変わります。


消費動向

 所謂二極化という格差によって消費動向が左右されています。収入格差は消費格差を生みます。低所得者層が増えると必然的に低価格のものに消費が移っていきます。この現象が長引けば価格競争へとなってきます。現象はまさに価格競争時代に入っています。一般的には所得が低いと消費が落ちますが、実際には欲しいものがないから購買意欲が低下して諸費が落ちているのではないでしょうか? 欲しいものがないから低価格のものに魅力を感じてしまうのではないでしょうか?消費は欲しいがる物を、いいなぁっと思うものを増やすようにすると伸びるのではないでしょうか? 比較対照を設定しなければ“いいなぁ”とは思わないのではないでしょうか。 比較対照となっているのが価格だけなので安い物に価値を感じるのではないでしょうか? 商品で付加価値の比較を行い、その次に価格と値段の比較を行い、価値のほうが勝れば低価格からの脱却ができるのではないでしょうか。現在の食品消費動向は欲しいものが見当たらないから、つまり、食材がありふれていて美味しいそうには見えないから品質に価値を見い出せないように思えます。

平成24年2月10日





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM