<< 今後の農産物流通2012  No4 | main | 今後の農産物流通2012 No6 >>

今後の農産物流通2012 No5

 

目次を作りました。順番に見てね
 



 

  

 今後の農産物流通2012 No5 
1、社会情勢
 

人口減少と農業



女性の農業人口

 農業者の人口推移で気になるのが、女性の就農人口の減少です。農林水産省の統計ページからデーターを見てみると昭和55年の女性の占める割合が男性の1.6倍でしたが、平成21年には1.1倍まで低下してきています。また、15歳から59歳までの推移を見てみると、昭和55年の女性の占める割合が男性の1.9倍でしたが、平成21年には1.2倍となり急減しています。専業農家が減り兼業農家が増える中での女性の就農者の減少は、深い意味を持っています。

農家の男女別推移                  (千人)

農家人口

男性

女性

年令

1559

60歳以上

1559

60歳以上

昭和55

1,532

1,142

2,943

1,356

昭和60

1,227

1,252

2,369

1,515

平成7

608

1,159

1,053

1,320

平成12

533

1,187

793

1,378

平成17

465

1,100

572

1,216

平成21

362

987

450

1,095

出典:農水省

 

昭和55年度基準に増減割合を計算してみると       (%)

農家人口

男性

女性

年令

1559

60歳以上

1559

60歳以上

昭和55

 

 

 

 

昭和60

-19.9

9.6

-19.5

11.7

平成7

-60.3

1.5

-64.2

-2.7

平成12

-65.2

3.9

-73.1

1.6

平成17

-69.6

-3.7

-80.6

-10.3

平成21

-76.4

-13.6

-84.7

-19.2

 

兼業農家では女性が主役でしたが、その人口が減ることは生産に影響を与えることになります。農家の女性の減少が進むということは、農家の結婚が減少していることを意味しています。つまり、次の担い手が不足することを意味していることになります。そうなると将来的な不安が残ることとなります。この問題を考えると外国人の就農者が増えることが予想されます。日本国内での技術の伝承や種子などが海外に流出することにも繋がる可能性もあります。

 人口の減少は生産や流通、販売、消費などの全ての面に亘り影響を与えることとなります。人口の減少は予測できることなので今からその対策を講じていく必要があります。

平成24年1月11日



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM