<< 納得 | main | 査定の意味 >>

賞与査定


 

目次を作りました。順番に見てね
 



 

 



賞与査定の仕方

 賞与査定はどのように計算されるのでしょうか? 給与の構成は基本給+職能給+生活給+交通費=給与となっています。職能給は職に関する給与で営業手当や超過勤務手当、役職手当などです。生活給は生活支援の為の給与で家族手当や住宅手当などが該当します。また、基本給は本給+加給=基本給となっています。加給は率と定額で構成され社会状況に対応するようにできています。

 では賞与はどのようになっているのでしょうか? 賞与計算には色々ありますがここでは、ポイント配分方法について説明します。まず、査定で評価点が決定します。評価は服務、業務、成果などの項目別に評価され合計の評価点が算出されます。次にこの評価点を篩(ふる)い分けをします。篩い分けは昔の小学校での評価と同じで通信簿の5点はクラスで3人、4点はクラスで7人とかいうようなものです。評価点を5段階に上位から篩い分けします。5段階評価ではSABCDとか5、4、3、2、1とかいった感じです。さらに茲(ここ)からポイントに変換します。ポイントへの変換では等級別で篩いにかけます。例えば給与の等級が凝級であればAの凝級は130ポイントというふうになっています。評価点(SABCD)が高いほど、等級が高いほど獲得ポイントが大きくなります。この獲得ポイントに対して賞与額を算出します。賞与は基本給に対するものなので、全員の基本給総額を、総獲得ポイントで割って、1ポイント当たりの単価を産出します。この単価に個人の獲得ポイントを掛けて賞与金額を算出します。後は全体的なバランスの調整を行います。

 さて、賞与の中身ですが、賞与は生活給部分と成績給部分で構成されています。賞与=生活給+成果給となります。例えば賞与の原資を1.5ヶ月とすると、0.5ヶ月を生活給、1.0ヶ月を成果給に振り分けます。この考え方は給与と同じです。しかし乍、最近では成果を重要視するようになり生活給0ヶ月、成果給1.5ヶ月とかになっています。これでは社会情勢の反映は難しく、会社に社員を養う義務があるということが無視されていることになります。社員の生活を安定させて、安心して働ける環境をサポートすることも会社には必要ではないでしょうか。


平成23年12月26日

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM