<< 言葉の算式を作ろう | main | 言葉の算式 掛算 >>

言葉の算式 分数


 

目次を作りました。順番に見てね
 






 

言葉の算式 (分数)

 分数は分母と分子で構成されており、分母には元となる数値を入れ、分子には分母と比較するものを記入します。分数は基本的にその度合いを示すもので、分母に対して分子が殿程度の割合なのかを知るものです。1/2ならば2個のうちの1個というもので、1が2の中にどれだけあるのかというものです。また分数はグラフにすることができ、横軸に分母、縦軸に分子を当てはめると、その傾向を読み取ることができます。算式に分数を取り入れることで、その人の傾向(癖)を読み取ることが出来るようになります。これは数字でも言葉でも同じ事で、その人の行動を数字で表すか、言葉で表すかの違いです。数字も言葉もその人の行動の結果から導かれたもので、算式の極意は結果から算式を導き出すことで、更にその算式を分析することで傾向知り対策を立て、次回に役立てることができます。

 

例えば成功の方程式では

成功度 /(自分の希望―相手の希望) です。

 

分子には自分のやりたいこと、求めていることを記します。つまり、分母と比較するものを書きます。分母には計算の元となる考え方を書きます。つまり比較する基準を書きます。この分母の書き方、つまり考え方でその算式が持つ意味が変わってきます。成功の方程式では、分子に自分が求める夢を書き、分母に分子との比較になる基準を書きます。分子も分母も同じ「夢」ならば成功率は100%になります。ここで分母にどのような要素を入れて考えるのかがポイントとなります。

 例えば分子に夢、分母に欲を入れると
     
欲  となります。
これは自分の欲(目的以外のいやしい欲望)が多ければ、夢が叶う度合いが低くなるというものです。

 また、見方を変えて考えてみると、成功をするには本人の努力のほか周りの人の協力が必要です。そうすると自分のことばかり言っていると周りの人の協力が得られなくなります。
 そのことを算式に当てはめると
     
/(自分の希望―相手の希望) となります。

 

言葉の算式で重要なことは、どのような考え方を持つかです。言葉の算式を考えることで、今まで気がつかなかったことに気がついたりします。考えることで色んな方向性が見えてきますよ。

 

平成231216

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM