<< 目利きと品定め | main | 競争と質 >>

目利きと品定め No2

     目次を作りました。順番に見てね
 


  


目利きと品定め No2
 
 

○産地目利きでは野菜を見ることで、生産現場やその生育環境、生産者の人物までもが見ることが出来ます。

生産目利き

土を見る:土壌の質や構造、環境が分かる
     (土から成り具合が見える)

枝を見る:枝振りから栄養状態が分かる
     (枝から品質が見える)

品を見る:作物の健康状態、美味しさが分かる
     (品から土、生育環境が見える)

○店頭目利きでは、鮮度、美味しさ、栄養価などの食べてからの品質を判断します。

提供目利き

店頭に置かれた形状から:保存日数

切り口から:内部の状態

外形から:栄養価

品名から:栄養素

 

言葉の算式では

生産目利き=生育技術+生産知識

提供目利き=品定め+品質知識

 

しかし、この算式に重要なものが不足しています。生産目利きではこだわりという意識、いい物を作りたい、美味しいものを作りたい、喜んでもらいたいという意識です。提供目利きでは生活のクオリティという意識で、生活の質を高いものにしたい、健康でいたい、心の健康安らぎを感じたいという人としての意識です。この目的を足すことが必要です。

提供目利きでは美味しく食するという料理知識も必要です。

 

生産目利き=生育技術 生産知識 生産意識 品定め

提供目利き=品定め 品質知識 生活のクオリティ

 

よくは知りませんが野菜ソムリエには、この産地目利きと店頭目利きが必要ですね。店頭に並んでいる野菜を見て生産者の顔が見え、食が見えるようになれば目利きとして認められるかな。

平成23年6月29日



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM