<< 品質(自由貿易への挑戦供法No16 | main | 品質(自由貿易への挑戦供法No18 >>

品質(自由貿易への挑戦供法No17

      目次を作りました。順番に見てね
 


  
  

自由貿易の挑戦供No17


 

第三章 品質の生産

 第一章では品質、第二章では品質の維持を考えました。この章では品質の生産方法について考えて見ます。高品質なものを作るのはどのようにしたらよいのでしょうか? 但し作れば売れるということでもないので、高品質で売れるものを作るための条件を考えなければなりません。

1、安全であること

2、高品質であること

3、適切な値段であること

4、安定して供給できること

5、生産者の所得が向上すること

6、継続して作ることが出来ること

つまり、消費者にとっては高品質で安全でしかも適切な値段で、継続して安定した供給ができ、しかも生産者の経済的・労働的負担が少なく所得も向上するといったような作り方が条件となるわけですね。

 これらのことを満たすには、健康な土壌を作る以外には考えられません。健康な土壌で健康に育った作物は品質的にも高く良い商品ではないでしょうか? 栽培方法には不耕起栽培、自然農法、有機栽培、減農・減化学、などいろいろとあります。ここでは広い地域への供給を目指すものであり、限られた狭い場所での消費を対象としていないので、経済性を優先させたつくり方を念頭においています。いくらいいものを作っても採算が合わなかったり、収入が少なければ継続的な経済活動は出来ません。

 果たして、この様な条件を克服してしかも経済的に有利に立つ生産方法があるのでしょうか。

 

微生物技術

 自分的に興味を持っているのがバイオ技術です。簡単に言うと「菌」の利用です。世界では生物多様性による自然力の発揮に注目が集まっています。中でもエンドファイトによる農業への関心は高いものがあります。

NHK クローズアップ現代 微生物とつながる農業 2010年11月1日 放映

http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=2958

 

土壌微生物の利用には、いろいろなものがあります。光合成細菌、糸状菌、細菌類、放線菌などいろいろあります。

土壌微生物については、別課題として「土壌微生物」にて、調べてみます。

勿論、土壌の改良には生物性のほかに化学性、物理性の改善も必要です。やはり、健康な土作りが課題ですね。

平成23年5月17日






コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM