<< ほうれんそう | main | 品質(自由貿易への挑戦供法No17 >>

品質(自由貿易への挑戦供法No16

 

      目次を作りました。順番に見てね
 


  
  

自由貿易の挑戦供No16

第二章 品質の維持


 

品質の規格化

 安定した品質の提供においては品質の規格化をしなければなりません。品質そのものが何であるのかを理解して、その意識を共有化することから品質のリレーが始まります。最初のほうの品質とは何かに戻って考えてみると、鮮度、味、機能性が品質となります。鮮度については収穫時期と作物の樹勢です。味と機能性については作物が育った環境によります。品質の規格化では収穫時期、収穫日、構成栄養素などの基準を設定します。特に作物の養分バランスや濃度といったものが味や機能性を左右するので、作物が蓄えている栄養価が重要となります。その栄養価の基準を決めることで「品質の規格化」をすることが出来ます。

 

品質基準

 品質の規格化で、作物に含まれる栄養の基準値を決めることで「品質基準」とすることができます。ではどのようにして栄養素の基準を設けるかというと、「食品標準成分表」を基準に考えます。食品の可食部に含まれる栄養価を記載したものですが、最近では作物に含まれる栄養価が減少傾向にあります。品質=栄養価としてみたとき、その品質が年々低下傾向にあるといえます。品質の規格化ではそのようなことがないように、収穫された作物の結果として、どれだけの栄養価が作物に保持されているのかを調べ、その基準値を設定します。当然現行版の食品標準成分表以上の栄養価がなければ、品質的に優れているとは言い難いのではないでしょうか。化学肥料に頼る栽培をしてきたせいで栄養価は年々減少してきたのではないでしょうか。栄養価の基準値を設けるにあたり、この様な影響が出る前の栄養価を基準として、数値設定することが望ましいと思います。

 

品質の維持 おさらい

二通りの品質の保持

・外部的な保持・・・機械設備等の物理的なものによる

・内部的な維持・・・生物的なもので作物そのものの生命力を高めて劣化速度を遅くする。

消費者に対する品質の維持

・その作物自体の品質維持

・店頭での産地が変っての品質の維持

品質のリレー

〆酳自体の品質維持・・・・・・・・生産者

⇔通過程における品質の維持・・・・流通業者

消費者に対する品質の維持・・・・・生産者&量販店

平成23年5月16日





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM