<< 品質(自由貿易への挑戦供 No13 | main | 品質(自由貿易への挑戦供法No15 >>

品質(自由貿易への挑戦供法No14

 

      目次を作りました。順番に見てね
 


  
  

自由貿易の挑戦供No14

第二章 品質の維持


消費者にとっての品質

 品質保持の提供のあり方には二通りの考え方が出来ます。一つは作物そのものの品質維持を図ること。もう一つは良質な作物を継続的に提供することです。品質の保持では、継続的な品質の提供を踏まえたものでなければなりません。店頭に良い商品が並んだり、悪い商品が並んだりしていては、商品と消費者の結びつけは難しく、強いては客離れとなります。同一な品質の商品を常に用意することでリピーター(顧客)を確保することが出来ます。顧客とは単価に左右される一元客ではなく、継続的に購入してくれる固定客である顧客のことを考えています。顧客にとっての品質は、産地に関係なく良質な作物を手に入れることです。このように考えると品質の維持は、消費者にとっての品質なので、単に収穫してどのくらい日保ちがするかということ以外に、別な固体での品質のリレーを行い常に安定した品質を維持して提供することが必要となります。

消費者に対する品質の維持

・その作物自体の品質維持

・店頭での産地が変っての品質の維持


このように考えると生産者は、生産者間での結びつきを行い県や地域を越えたグループ化が継続的な品質の提供に繋がるようにしなければなりません。販売会社にその販売権を委ねるのではなく、生産者同士での連携が新しい展開を作りだしていきます。

 

品質のリレー

 品質の維持の考え方は、〆酳自体の品質維持、⇔通過程における品質の維持、消費者に対する品質の維持の3通りで考えることが出来ます。

〆酳自体の品質維持・・・・・・・・生産者

⇔通過程における品質の維持・・・・流通業者

消費者に対する品質の維持・・・・・生産者&量販店

 

,砲弔い討倭綾劼靴討り、△砲弔い討論源瑳團譽戰襪任覆い里任海海任肋蔑します。

 の消費者に対する品質の維持とは、店頭での産地が変っても、品質が下がることがないようにして、常に安定した品質の商品を消費者に届けることです。よく産地リレーで常に商品を供給して欠品がないようにすることは行われていますが、更に踏み込んでここでは「品質のリレー」で安定した品質の提供を行います。

平成23年5月12日




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM