<< 気持ちいいよ〜! | main | 仕事 >>

情報とは

目次を作りました。順番に見てね

情報とは
 最近の社会はユビキタス社会への移行とかで、とにかくコンピューター(面倒くさいのでCPと略します)の活用が盛んです。ちょっと前まではIT革命だの言って、訳もわからず、ネコも杓子もCPの導入を急ぎ早にやっていました。しかし、CPはどれだけ活用され、どれだけ利益をもたらしたのでしょうか、はなはなだ疑問です。ただ単に便利になる程度なら、人間が手作業でしたほうがまだましです。効率化という言葉に騙されて、どのような効率が上がったのでしょうか。CPの導入で利益が増えましたか?効率化の意味するものは、投下資本に対しての利益確保の効率が上がることです。いくらある仕事のみ速くなっても全体的な稼ぎが変わらなければ、効率化にはなりません。効率が上がらないものにお金を掛けて、人員を削減するくらいならば、会社の社会的使命である人間の雇用を維持したほうがよいのではないでしょうか?一部の人間の仕事が楽になることが効率化ではありません。また、効率化は人員を解雇することでもありません。CPによる効率化は、CPでもできる仕事をCPにさせて、人間しかできない仕事を人間がする時間を多く作ることです。つまり、CPには情報処理をさせて、人間は情報の活用をしなければならないのです。ところが情報処理という言葉に惑わされて、CPで処理をしたら仕事が完了したと勘違いをしています。

TOC:
 興味を引く言葉に「TCO」Total Cost of Ownershipというものがあります。この訳はコンピュータシステムの導入、維持・管理などにかかる費用の総額という意味です。しかし、違う方面からでは「情報化総合コスト」と訳されており、これは情報という無形な活用価値を有形なものにすることです。つまり、情報をデーター化して、分析・検討して、戦略を練り、初期情報を有形なものに変えていくコストということです。このTCOの目指すところは「価値の最適化」と「削減」です。必要な情報価値を高めて活用するということと、不要な情報は切り捨てるということです。
 情報は収集する為にあるのではなく、活用して利益を生む為にあるのです。情報を活用できるようにデーターベース化して、分析をするのがCPの役割です。情報化社会とは情報価値の最適化と有効利用を意味しているのではないでしょうか?

CP(新システム)を導入して、いくら手元にお金が残りましたか?
目次を作りました。順番に見てね



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM