<< お蔭様で | main | 異常気象 No42 >>

異常気象 No41

 

        目次を作りました。順番に見てね
 


  
 

異常気象 No41

第四章 異常気象

気象に影響を与える現象

アイスランド低気圧とアリューシャン低気圧

 これは冬に太平洋にあるアリューシャン低気圧が強いとヨーロッパにあるアイスランド低気圧が弱くなるという現象があります。逆にアリューシャン低気圧が弱いとヨーロッパにあるアイスランド低気圧が強くなります。このようにアイスランド低気圧とアリューシャン低気圧はシーソーの関係にあることが分かってきました。アリューシャン低気圧とアイスランド低気圧のシーソー現象により、遠隔地である東アジアとヨーロッパに影響を与えるものです。

アリューシャン低気圧>アイスランド低気圧

日本・ヨーロッパ・アメリカ南東部で寒く、北アメリカ西部・カナダで暖かくなります。

アリューシャン低気圧<アイスランド低気圧

日本・ヨーロッパ・アメリカ南東部で暖かく、北アメリカ西部・カナダで寒くなります。

 アリューシャン低気圧・アイスランド低気圧のように離れた地域に連動して影響を与える現象を遠隔影響(テレコネクション)といいます。

 

偏西風の蛇行

 偏西風が通常より蛇行をすると世界各地で異常気象が発生します。偏西風はコリオリの力影響によって中緯度で西から東へ風が吹きます。この偏西風は温度の影響を受ける為に真直ぐには進まず蛇行して地球を回ります。偏西風の蛇行は赤道と極との温度差によって起こり、赤道と極との温度差が大きいほど偏西風は南北に大きく蛇行するようになります。偏西風は冬に低緯度まで拡大し夏には高緯度に縮小します。また偏西風の速度も冬のほうが早くなります。

偏西風の蛇行には海面温度も関わっておりエルニーニョ等の影響を受けて蛇行が小さくなったり大きくなったりします。偏西風の蛇行が大きくなると偏西風の間でブロッキング現象が発生して異常気象を齎しやすくなります。

 

異常気象の原因を図にしてみました

異常気象現象の原因.jpg



22年12月28日


 





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM